Amazon転売では、なぜ大口出品にするのか?

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今回は国内転売ビジネスにおける出品に関しての補足説明をしたいと思います。

 

Amazonを使って転売ビジネスをして頂くわけですが、

出品者は2つの種類に分かれます。

 

 

大口と小口では出品に関して、条件が色々と異なります。

 

今回は大口と小口について説明していきたいと思います

 

 

Amazon転売 大口出品と小口出品の違いとは


 

Amazonで出品者登録をする際に

大口出品者で登録するか小口出品者として登録するかを自分で選ぶことができます。

 

 

まずは大口出品と小口出品では

どのように違うのかを理解しておきましょう。

 

まずは小口出品について説明していきます。

 

Amazonの小口出品について

小口出品とはその名のとおり、

商品をあまりたくさん扱わないユーザーのための出品プランです。

 

 

商品を月に10個も扱わない人は、小口出品を選ぶことが多いです。

 

 

Amazonで販売をしてもらうためには

販売手数料を支払わなければなりません。

 

 

この手数料を「FBA利用料金」と言っていますが

これは大口と小口は共通して払わなければなりません。

 

 

小口はさらに支払わなければいけない料金があります。

それは商品一つにかかる「基本成約料」です。

 

 

基本成約料とは小口で商品を登録して売れた時にかかる費用で

1商品につき100円の支払いをしなければなりません。

 

 

 

さらに小口では様々な制限がありますので

それも覚えていただきたいと思います。

 

小口では、Amazonに出品できる製品ジャンルが限られています。

 

上の画像に載っているジャンルは

小口出品では出品ができないという制限があります。

 

売れるジャンルが狭まった分、チャンスが減る事になるので

なかなかのデメリットです。

 

 

さらに小口の最大の問題としては

Amazonの倉庫が使えないということです。

 

 

注文の受注から発送までを全て自分で管理しなければならないので

作業が非常に大変になります。

 

 

商品在庫も自分の家に置いておくことになるので

家が広くないとスペースがなかなか取れませんよね。

 

 

しかし、小口はアカウント登録するだけであれば

無料で使うことが出来るので、

商品を多く扱わない人であれば、大口よりも料金は得するかもしれません。

 

Amazonの大口出品について

 

次は大口出品を見ていきましょう。

 

大口に登録すると毎月4900円の利用料金が掛かります。

 

その代わり小口で支払わなければならない基本成約料がありません

単純に50品/月に出品すれば、元が取れる計算です。

 

 

しかし、大口のならではのメリットがたくさんあるので

品数だけで決めないことをおすすめします。

 

大口はなんといってもAmazonが管理する倉庫が使えるのが素晴らしいです。

 

在庫を家に置いておく必要もありませんし、

発送も、倉庫から購入者という流れなので自分で購入者ごとに贈る必要もありません

 

 

また先ほど説明した、上の画像にある商品ジャンルが

大口では出品することが可能になります。

 

これらの商品は出品する際には、Amazonに対して許可を取る必要がありますが

 

許可を取ってしまえば出品できるので

幅広い製品ジャンルを扱うことが可能です。

 

 

さらにAmazonセラーセントラル内にある

商品分析ツールも使えるのでさらなる利益の拡大も狙うことができます。

 

Amazon転売 オススメの出品方式


 

僕のおすすめはなんといっても大口です。

 

 

発送作業や在庫しなくてもいいという点で

月50品も扱わないとしても大変なメリットになります。

 

 

また慣れてくると月50品はあっという間に

扱うことになるので大口を初めから使うというのもアリです。

 

もちろん大口と小口はいつでも切り替えができるので

最初に小口で登録しておいて商品数が増えてきたら

大口に切り替えるという流れで行ってもいいと思います。

 

 

僕は以前住んでいた部屋が狭かったので、最初から大口にしていました。

 

 

やはり在庫を家に置くのと発送作業が面倒というのは小口のネックです。

 

大口も月額料金がかかるので無理におすすめすることはしませんが

メリットがその分あるのでぜひ使ってもらいたいですね。

 

 

以上でAmazonにおける大口出品と小口出品の違いでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です