Amazon セラーセントラルについて【Amazon出品者アカウント】

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今回は国内転売ビジネスにおいて、

Amazonへ出品作業をするにあたって基礎知識をお伝えしていきたいと思います。

 

 

あなたもAmazonで買い物をするときに、

購入者としてメールアドレスや住所を登録しアカウントを作成したと思います。

 

 

Amazonで出品する場合、出品者としての登録作業をする必要があるので、

購入者としての持っていても出品するときには登録しなければ使えないということになります。

 

 

Amazon出品アカウント Amazonセラーセントラルとは


 

Amazonで出品管理を行うサービスが、Amazonセラーセントラルです。

セラーセントラルでは、商品の登録作業や在庫の管理、価格設定などができるようになっており、

商品の出品前後のほとんど作業をここでやることになります。

 

上の画像はセラーセントラルへのログイン画面です。

 

普通にAmazonの購入者としてログインするところとは違うのでご注意ください。

 

ログイン画面に行くためには、ブラウザの検索窓に

Amazonセラーセントラル」と打ち込めば出てきます。

 

そこから簡単にログインが出来ると思います。

 

既に購入者アカウントを持っている人であれば

同じアドレスで出品者アカウントを作ることが可能です。

 

 

新しいアドレスで作っても問題ありません。

 

 

パスワードは分けたほうが安全ですので

ややこしくなってしまうという人であれば別々にしてもいいでしょう。

 

 

ここで、アカウント作成に関しての気をつけて頂きたいことがあります。

 

Amazonでは購入者として複数のアカウントを作ることは違反ではありませんが

出品者として2つ以上のアカウントを作ることは規約違反になります。

 

 

発覚すればアカウントの閉鎖をアナウンスされる場合がありますので

出品者としてのアカウントは1つにしてください

 

 

出品者アカウントは一度停止や閉鎖をされてしまうと

再度利用することが困難になると言われています。

 

アカウントの運用には十分に注意して行いましょう。

 

アカウント運用に際しての注意点は、次回からの記事で解説したいと思いますので

初心者の方は特に読んでいただきたいです。

 

 

Amazon出品の流れ


 

さきほど言ったように、セラーセントラルはAmazonでの出品作業をするときに

ほぼ全ての作業をここですると思ってください。

 

どのような商品を扱うにしても商品管理は

セラーセントラルで一括に行うことができます。

 

 

セラーセントラルでは様々な項目があり、

最初は慣れない画面にたくさん文字が出てきて戸惑ってしまうかもしれませんが

出品作業でやることはそんなにないのでご安心ください。

 

出品作業はセラーセントラルで以下のようにやっていきます。

  1. 商品登録
  2. 納品手続き
  3. 発送準備

 

上記3つの作業を出品ではすることになりますが

セラーセントラルでは商品登録納品手続きを行います。

 

Amazonでは仕入れた商品を在庫管理画面に登録していくという作業が必要になります。

 

商品が登録されてなければ、そもそも出品できないので

商品が手元に届き次第、登録作業を開始しましょう。

 

 

そんなに難しい作業ではありません。

 

最初の価格と納品する個数や商品コンディションを選択するだけなので

慣れてくれば1商品1分ほどで商品登録することができます。

 

②の納品手続きは①で商品登録したモノを納品するために行います。

 

荷物ごとではなく、一回ごとの手続きなので3つの荷物をまとめて手続きすることが可能です。

 

また、発送するための送り状も自動作成してくれるため

プリンターがあれば自宅で印刷をして発送まですることが可能です。

 

実際に商品を梱包するなどの自分でやる作業も必要です。

 

とはいえダンボールに詰めたり、商品にラベルを貼ったりするだけなので

そこまで時間がかかる作業ではありません。

 

 

上の作業は全てセラーセントラルを通して行いますので使い方を早いうちにマスターしておきましょう。

 

以上でAmazonセラーセントラルについての説明を終えたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です