Amazonで出品できないブランド・メーカー商品とは?

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

せどりの仕入れは順調でしょうか?

 

実際に仕入れていれば

売れるものがわかってくるし、自分なりに得意分野が出てくると思います。

 

ですが、仕入れで「これだっ!」というものが見つかっても

油断はできません。

 

その商品がAmazonで販売できるのか?

ということも確かめなくてはいけないからです。

 

今回はそんな利益が出ても販売できない商品について

触れていきたいと思います。

 

Amazonによるブランド規制

 

以前にも取り上げましたが、Amazonのルールというのは

時折変わります。

 

 

このあたりはあまり僕も紹介し忘れていたので

正直反省しています笑

 

 

先日は「新品」の出品についてルール変更がありました。

Amazonの規約変更!新品は出品できない?

 

初心者は過去の規約変更を知らないことが多いので

ついルールを無視してしまいがちです。

 

せっかくせどりを始めたのに

売り上げが上がる前にルール違反をしてしまっては

アカウントが即潰れてしまいます。

 

そうならないためにも

最低限、知っておくべきルールを押さえておきましょう。

 

今回、仕入れをするにあたって注意するべきことは、

出品規制ブランドです。

 

なぜ、出品規制になった?

せどりが広がってしまって

ブランドやメーカーよりも安い値段で出回ることが多くなり

市場がメーカーからしたら都合が悪いものになってしまった時期があります。

 

それを阻止するために

(憶測ですが)メーカーやブランドがAmazonに言って

個人がめちゃくちゃな値段で出品できないようにしたのでしょう。

 

さらにオークションで仕入れる際に

メーカー品には偽物というのが多々あります。

 

その目利きができない素人出品者が大量に生まれてしまい

有名ブランドの偽物がAmazonに大量に出回ってしまったこともあります。

 

Amazonからしてもいいことではありません。

 

そこでAmazonの規約で、

特定ブランドの出品を禁止にするということが起きました。

 

 

最近はアマゾンも出品規制を強化していて、

よく規制ブランド変わるので仕入れの際は絶対に確認しましょう!

 

 

出品できない商品例

 

ここからは出品できない商品を具体的に見ていきましょう。

 

仕入れる際にあらかじめ確認もできるので

価格差があったとしても踏みとどまって、

きちんと確認する癖をつけるようにしましょう。

 

新品の出品ができない商品

特に気をつけたいのは、新品の出品ができないブランド商品です。

 

有名ブランドに多いですが、

初心者が誤って仕入れてしまいがちの商品たちなので

十分に扱いには注意してください!

 

以下の一覧はまず抑えておきましょう。

 

新品が販売できないブランド一覧

 

  • AudioTechnica(オーディオテクニカ)
  • BenQ Japan(ベンキュージャパン)
  • BOSE(ボーズ)
  • BROTHER(ブラザー)
  • CANON(キャノン)
  • CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
  • CASIO(カシオ)
  • DJI(ディー・ジェイ・アイ)
  • EPSON(エプソン)
  • Ergobaby(エルゴベビー)
  • FUJIFILM(富士フイルム)
  • GOPRO(ゴープロ)
  • Hoppetta(ホッペッタ)
  • NIKON(ニコン)
  • OLYMPUS(オリンパス)
  • PANASONIC(パナソニック)
  • PENTAX(ペンタックス)
  • RICOH(リコー)
  • SIGMA(シグマ)
  • SONY(ソニー)
  • TAMRON(タムロン)

 

※上記に加えて、特定の商品が出品できないものもあります。

今後も増える可能性もありです。

 

出品できない商品をチェックする方法

実は、出品ができるかどうかは

Amazonのセラーセントラルで確認することができます。

 

「商品登録」に行き、ASINコードを打ち込みます。

 

出品許可申請」というボタンが

新品の欄にあればそのまま出品することができません。

 

 

自分が出品をする時には

「新品」「中古」でどちらが出品できるのかを確認しておきましょう。

 

 

「新品」「中古」が出品できない商品

 

実は、どの商品コンディションだとしても

出品が全くできないブランドがあります。

 

それは、ズバリAppleの商品です。

 

Appleは販売権が厳しく、Amazonに限らず

ネットショップでの販売は個人にはほぼできないと思ってもいいです。

 

 

実はAppleも一時期は出品できたんですが

規約変更により全くダメになってしまいました(^_^;)

 

これだけの人気ブランドが出品できないなんて

世知辛い世の中です笑

 

こういう商品もあるので、

最初のうちは確認をしっかりやっておきましょう。

 

もし間違って仕入れてしまった時の対処法

 

いくら自分で注意していても

間違って仕入れてしまうことがあると思います。

 

価格差のある商品を見つけると

最初の方はめちゃくちゃテンション上がります↑笑

 

なので、勢いで確認しないで仕入れちゃうこともあるんですよね・・・

僕もそうでしたから笑

 

ですが、そんなことを言っていてもしょうがありません。

 

いちいち凹んでもいられないので

すぐに対応できるようにしましょう!

 

対処法としてできるのは

Amazon以外ですぐに出品して資金を回収することです。

 

使うものとしては

  • ヤフオク
  • メルカリ

などがいいでしょう。

 

できればAmazon相場で売りたいところですが

どうしてもそれよりも安くなることが多いです。

 

ただし、最低1割引くらいして

資金を少しでも回収したいですよね?

 

もしくは、ヤフオクで仕入れたとしたら

自分が買った値段と同じ値段で出品するのがいいでしょう。

 

資金回収スピードを考えたら

オークション形式で出品して早く商品の代金をいただくという手もあります。

 

間違えて仕入れても凹まずに

先に先にで考えてリスクを減らしていきましょう!

 

 

以上が出品規制のあるブランドについてとその対処法についてでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です