国内転売における要注意商品とセラー

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今回は国内転売ビジネスにおいて、注意するべき商品やセラーを解説していきたいと思います。

 

店舗ではあまり考える必要はありませんが、ネットでは色々なセラーがいます。

 

その中でも気をつけて頂きたいのが、偽物を売るセラーです。

 

転売の仕入れで気をつけること


僕も転売ビジネスをしている中で、多くはないもののそういうセラーに出会ってきました。

 

そこで要注意セラーと商品の見分け方を把握し、偽物を買うリスクをなくして頂きたいと思います。

 

中国からのやっかいもの 「偽物」

 

偽物セラーは基本的に中国からやってきた商品を販売しています。

中国がそもそも偽ブランド商品の製造販売大国ですから、流通量も基本的に多いわけです。

 

中でもキャラクターものは人気なので中国では日本だけではなく

世界中の人気キャラクターに似せた偽物商品が多く出回っております。

 

中国の某テーマパークのニュースをご覧になった方も多いと思いますが、

ディズニーのキャラクターを模していることは誰の目にも明らかなぐらいの露骨なニセモノを平気で広めています。

 

元々著作権などが概念としてあるかどうか疑わしい国なので、そんなことは多々あります。

 

なので、キャラクター商品を扱っているセラーがいた場合はその出どころに要注意です。

輸入品と書いてあったらまずは疑った方がいいでしょう。

 

輸入品であれば、中国から流れてきた可能性が十分にあるので、

セラーに購入先を聞いてみる等の対処が必要です。

 

ニセモノセラーは偽物を扱っているわけですから、基本的にネットショップ内の評価は低いです。

 

 

ヤフオクなどでは出品しているセラーの評価を細かくみることができるので、

そのセラーの評価も確認すれば、「騙された」といった評価があるかもしれません。

そのセラーの出品時における評価を確認してみてください。

 

ブランド品は怪しい

 

ブランド品を扱うのも注意が必要です。人気ブランドほど偽物を作った人の利益になります。

つまり人気で高価値のブランドほど、偽物が出回っているということです。

 

ブランド品の偽物は精巧に作られているものもあるので、かなり注意深くみる必要があります。

最近ではニセモノをつくる側も技術が発展していて素人では見分けがつかないものが多々あります。

 

ロゴが明らかに違うというニセモノの方が、

ネットショップでは珍しいくらい完成度の高い偽ブランド品が多く出回っています

 

 

その出品者評価を確認するのはもちろんですが、価格にも注意しましょう。

相場の倍近く安い値段で売られているものは、ニセモノである確率が高いです。

もちろん相場通りでニセモノを売る人もいます。

 

基本的にニセモノは相場が安いと思っているので、

相場と同じなら本物だと思い込む消費者心理をついて販売しているセラーもいます。

 

同じように出どころを聞いたり、商品詳細欄を見るなりして確認をしてください。

輸入品はニセモノの可能性が高いので、正規品であるかどうかの確認が必要です。

 

基本的には購入先が輸入品であれば、正規品かどうかの確認は必要です。

 

ニセモノ販売は法律に違反する行為なので、わざじゃない場合は情状酌量の余地はあるかもしれませんが、

知っていながら売るのはアウトです。

 

もちろん、アカウント停止リスクがあるので、

健全に転売ビジネスをすることを考えると確認すべきことはすぐにセラーに問い合わせることをオススメします。

 

 

商標権について

 

キャラクターものやブランド品は、ニセモノも気をつけなければいけませんが、

商標権も考慮しなければなりません。

 

商標権の絡みがある商品の場合は、そもそも販売することができないので、

仕入れても無駄になるケースがあります。

 

またアップル製品などもアップルから販売権を与えられたセラーしか販売できないものもあるので、

有名なブランド品を扱う場合は要注意です。

 

 

以上で、仕入れの際に注意が必要なセラーと商品についての説明を終えたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です