【国内転売ビジネス】「ネット仕入れ」のメリット

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今回は、転売ビジネスのネット仕入れについて解説していきたいと思います。

 

 

国内転売ビジネスにおける仕入れの種類


 

転売ビジネスにおける仕入れ先は、大きく分けると2種類です。

 

ネット仕入れ店舗仕入れがその2種類になります。

 

要するにネットでパソコンやスマホを使って仕入れる

リアルで店舗に行きレンジで精算して仕入れるかという違いです。

 

 

ネットで仕入れて転売をすることを「電脳せどり」という言い方をしたりします。

 

どちらかというと電脳せどりという呼ぶ方の方がメジャーかもしれませんが

利益を拡大させていく上では店舗に行くこともかなりメリットがあります。

 

それぞれに仕入先としての特徴があるので

ネットと店舗での仕入れを区別させていただきます。

 

よって僕の今回の記事では、「ネット仕入れ」と「店舗仕入れ」という表現をさせていただいております。

 

 

今回はネット仕入れの利点にフォーカスして解説して行きたいと思います。

 

 

ネットで仕入れることの2つのメリット

 

どこでも仕入れができる

 

ネットで仕入れをするには、パソコンとネット環境が必要になりますが、

逆に言えばパソコン等が揃っている環境であればどこでも商品を購入できるという点にあります。

 

つまり、場所を選ばないということです。

 

副業として転売ビジネスを考えている人にとっては

ネット仕入れは非常にメリットが大きいと思います。

 

 

あらかじめリサーチでめぼしい商品を見つけて、

入札のような単純作業は移動中でもできるので通勤中も作業ができます。

 

僕もサラリーマンをしながら転売ビジネスをしていた時は、

スマホで通勤中も作業をしていました。

 

 

もちろんリサーチなどはスマホだとやりづらいのであまりお勧めしませんが、

それ以外の作業であればスマホでできるので、時間短縮にもなります。

 

店舗仕入れとは大きく違うネット仕入れの最大の特徴です。

 

いつでも仕入れができる

 

さきほども言いましたが、ネットで仕入れることは時間を選ばないという利点があります。

 

お店は閉まる時間が決まっているので、仕入れができるタイミングが限られてしまいます。

 

その点、ECサイトは24時間商品を見ることができ、

決済までの作業ならばいつでも完了することができます。

 

リサーチは基本的にネットで行うので、ネット→リアルでリサーチから仕入れを行うよりも、

ネット→ネットの方が効率はいいです。

 

これも副業転売ヤーから見ると、非常に助かると思います。

 

転売をやる以上、節約できる時間はなるべく節約するようにすれば、

リサーチに多くの時間をかけてより多くの商品を扱うことができます

 

 

さらに、残業などが多い人は直接店舗に行ける日も限られてますし、

外出すること自体お金も時間もかかります。

 

それに店舗で仕入れると、重いものは家に運ぶのに送料がかかりますし、

軽いものでも量をかえば荷物がかさばります。

 

多い荷物や重い荷物を持って、家まで帰るのは嫌ですよね。

 

仕事帰りであれば、毎日そんなことをすればヘトヘトになってしまいます。

 

そんな人はネットを上手く使って時間と労力をなるべくかけずに仕入れをしましょう。

 

転売において作業の効率化は、もっとも重要だと言ってもいい代物なので、

パソコンだけではなくスマホも有効利用して、いつでも作業できる状態を作ることが望ましいです。

 

 

ネット上の取引もレジに並ぶことと比べると、かなり簡単で時間もかからないですよね。

 

というわけでネット仕入れには素晴らしいメリットがあります。

 

もちろん店舗も、メリットがあるので別の記事にて解説したいと思います。

 

最後に「ネットと店舗ではどちらがいい?」という話はしていないというのを

ご理解いただきたいと思います。

 

 

それぞれにメリットがあり使い分けをすることで利益の増大が可能になります。

 

 

以上がネット仕入れのメリットについてです。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です