転売の利益を一発計算!【Amafee】の使い方

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今回はAmazonで行う物販における便利なサイトをご紹介したいと思います。

 

 

以前ご紹介したFBA料金シミュレーターというものがありますが

Amazonで物販をするのであれば使用することになると思います。

 

 

なんせ自分が商品を売るのに、この商品をいくらで仕入れればプラスになるのかを計算しなければなりません。

 

そのために、商品の出品における経費を計算できるFBA料金シミュレーターは必須になるわけです。

 

ですが、FBA料金シミュレーターを使ったことがある人であればわかると思いますが

正直相当面倒ですよね?笑

 

商品の荷動きをモノレートで観測して売れるという確信を持つ

販売価格の最安値を確認する

その商品のFBA料金シミュレーターで計算

販売価格と手数料を引いて利益がどれほど出るか計算

 

最低でもこれくらいのステップを踏まなければなりません。

 

そのステップを少しでも省略するためのツールが

以前の記事で紹介したSmasurfです。

 

Smasurfに関する記事はこちら↓

転売ビジネスのリサーチを効率化しよう!【Smasurfの使い方】

 

しかし、それだけでは最後の利益計算は自分ですることになります。

これを完璧に無くしていきたいですよね?

 

それを可能にするのが、「Amafee」です!

 

 

Amafeeではこのような画面で実際に数字を入力していくわけなんですが

仕入れ値」はヤフオクなどでゲットできそうな値段。

 

そして、想定利益=最安値を打ち込んでいきます!

 

大口出品やFBA利用はそのままカーソルを合わせれば大丈夫です!

 

サイズについては下記リンクを参考にしてみてください!

 

Amafee サイズについて

 

ヤフオクなどのオンラインショッピングでは

商品の説明欄に寸法が書いてあると思いますので

それを参考にして小型なのか標準なのか大型なのかを選んでいきましょう!

 

そして、これらを入力したら

下にカテゴリ名がたくさん並んでいると思います。

 

ここで自分の出品したい商品カテゴリをクリックすれば

一発で利益が計算できるわけです。

 

ここで実際に計算した画面をお見せしたいと思います。

 

―――――――――――――――――――――――

まず仕入れが3800円です。

 

ここで注意点なんですが、

仕入れ額は送料も含めるということを忘れないでいただきたいと思います。

 

そして、販売価格が7000円、標準サイズの家電製品を出品するときの利益額は・・・

 

 

2115円で利益率30%と細かく出てくるんですね^^

 

そして手数料の内訳なども計算してくれる優れものです。

 

更にありがたいのが、損益分岐点を出してくれることです。

 

損益分岐点とは、赤字でも黒字でもない価格

つまり、仕入れ経費と売り上げが一緒であり利益が0の点です。

 

 

上の画像で言うと

 

3800円で仕入れをした場合は、4659円以上で売れれば黒字になる。

という風に見ることができます。

 

さらに、7000円で販売する場合は少なくとも5888円以下で仕入れなければ

黒字にならないということまで教えてくれるんです。

 

これは、最低どれくらいの価格で仕入れれば赤字にならないのか?

という指標になるので計算が苦手な方にはありがたいことですよね?(笑)

 

なぜAmafeeはこのように簡単に計算できるのかというと

Amazonは出品するカテゴリで手数料が決まっているからです。

 

なので、カテゴリを選択した時点で売り上げの何%差し引かれるという計算が一発でできるので、

FBA料金シミュレーターを使わなくても、より正確な計算ができるというわけです。

 

Amazonのカテゴリごとの手数料はAmafeeにも載っています。

下記のリンクを参考にしていただきたいと思います。

 

Amazon手数料一覧

 

Amazonは一律15%だと初心者の方は考えがちですが

実際はそれなりにばらつきがあります。

 

例えば、不思議なことにゲームソフトは15%の手数料がかかるのに

ゲーム機の本体は8%しかかかりません。

 

一番高い手数料は、Kindleアクセサリはなんと45%という高値で

コスメは20%というように色々商品によって違います。

 

そういうわけでFBA料金シミュレーターで一から計算するよりも

Amafeeを使えば利益計算がとても早くなるので有効活用していきましょう。

 

FBA料金シミュレーターとの違い

 

実際にAmafeeを使ったことがある人であれば

疑問に思うことがあります。

 

それは両方で出した計算結果が食い違うという現象です。

 

それについてはAmafeeも解説しています。

 

FBA料金シミュレーターとの違い

 

どうやらFBA料金シミュレーターでは

「出品手数料」に消費税がかけられていない計算になるんですね。

 

実際にかかっているので気をつけてください!

 

FBAの画面で言うと↓の部分

 

確かにやたらとキリのいい数字ですよね笑

 

3000円ぴったりです。

 

実際には大した金額ではないですが、

この手数料含めてAmafeeは計算してくれるので

かなり安心ですし、より正確に利益計算ができますよね?

 

仕入れ費用を計算するときは非常に便利ですし

なによりも「仕入れ額(送料含む)」と「販売予定額」だけ

出品にかかわる料金をすべてを一発計算してくれるのはかなり便利です。

 

転売ビジネスで時短をするためにも

どんどん活用していただきたいです!

 

以上がAmafeeの使い方についてでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です