店舗仕入れの王道手法「Shufoo!」の使い方

こんにちは、ゆーすけです!

 

今回は、国内転売ビジネスの店舗仕入れで

あらかじめ利益の取れる商品を調べられるサービスをご紹介したいと思います!

 

 

店舗仕入れではともかくいろんなお店を見ていただきたいんですが

あたりをつけずに店舗を見つけることはなかなか難しいと思います。

 

店舗に行く際には「セール情報」や「キャンペーン」の情報をいち早くキャッチする

ということも大事なので、今回はその情報源になるサイトを見てみましょう!

 

Shufoo!とは

 

 

今回僕が紹介するサイトは「Shufoo!」といいます。

簡単に言えば、ネットで全国の店舗のチラシを見ることができます

 

ここに登録してチラシを見てから仕入れに行くことで

店舗に行ってから闇雲に商品を探す時間を無くすことができます。

 

というわけで早速右上の新規会員登録から

Shufoo!に登録してみましょう!

 

 

Shufoo!の登録では、Myエリアの設定をすることができます。

 

Myエリアとは自分の行動範囲内の店舗、つまり自分の家の近くのことです。

これを設定することによって自分の家の近くのお店のセール情報を

優先的に教えてくれます。

 

あとはメールアドレスさえあれば登録できるので

Myエリアを設定して登録手続きを済ませましょう。

 

ちなみにShufooはチラシを見るだけでポイントが貯まります。

 

 

このポイントもShufooの懸賞に使えるので

貯めていると商品がタダで仕入れられるかもしれません^^

 

そして、登録したらログインしてトップ画面に行きましょう!

 

トップ画面の真ん中右側のところに

お店の名前から検索するとありますが

ここでmyエリア以外に行きたいお店のチラシを検索できます。

 

そしてもう少し下にいくと「カテゴリから探す」というところもあります。

 

 

ここではカテゴリからチラシを検索することができるので

統一した商品で調べたいときはここから探すのもいいでしょう。

 

今回はキーワードで「ヤマダ電機」と調べてみました!

 

するとチラシを出しているヤマダ電機が全て出てきます。

 

 

地域で絞り込む場合は、「Ctrl」+「F」を押して検索してみましょう!

 

僕は東京都民なので「東京」と検索します。

 

そうすると東京という文字があるところでは

黄色い背景色で現れるので一発で近くのお店を検索できます。

 

そして、実際に東京にあるヤマダ電機のチラシを見てみましょう!

 

 

実際にShufooでチラシを開くとこのように表示されます。

 

 

見えにくいかもしれませんがズームもできるので

商品外観と名前までわかります。

 

ここで実際にセール品のリサーチをしていきます。

 

 

緑色の枠線の中のボタンで操作すれば、

ここまでアップしてチラシを見ることができます。

 

そしてチラシには大体の商品は型番も一緒に載っています。

 

この型番をモノレートに打ち込んでいけば、商品のリサーチは可能です。

 

 

Shufooのセール情報はチラシですが

チラシだからこそ今の時代の人たちは情報源としてスルーしがちです。

 

 

そしてわざわざ足を運んで仕入れをする人も限られているので

ライバルが不在の店舗で仕入れられる可能性があります。

 

Shufooを使ってネットだけではなく

実店舗という販路も開拓していきましょう!

 

最後に注意点ですが、チラシは基本的に税別で商品価格が掲載されていることのほうが多いです。

騙されないようにしましょう(ちなみに僕は被害者です笑)

 

収支計算をするときは、消費税を含む仕入れ額で計算しましょう!

 

もちろん、店舗仕入れではポイントも付くので、それも有効活用していきましょう!

 

地方にこそ可能性あり?

 

僕は東京住まいなので、最初に1店舗を探すのでさえ相当苦労しました。

 

なんせ東京は人口も多いですし、普通のお客さんでさえ家電量販店では人数が多いです。

そんな中で新品の家電を仕入れるのは、最初は一苦労でした。

 

ですが、地方の場合はどうでしょうか?

 

実際に、以前の僕は地方に旅行に行くときは

ついつい習慣で近くにある量販店の商品をリサーチしてしまっていました笑

 

そうすると意外なことにも・・・

 

 

簡単に価格差がある商品が見つかったりします笑

 

実は地方の方が激戦区の東京よりも可能性があったりするんですよね^^

 

東京は店舗仕入れにおいてもライバルが存在しますし

団体で商品を買いあさっている業者もいたりします。

 

そんな中でリサーチを行うのは大変ですが

地方であればライバルがあまりいない優良店で商品のリサーチを行えます。

 

 

なので、地方の人にこそ可能性があるのが店舗仕入れと言ってもいいです。

 

もちろん東京でも店舗仕入れはできるのでご安心ください。

ただライバルが多いのは事実なので、「いかにライバルを避けるか」という視点が重要だったりします。

 

少しマイナーな商品を見たり、東京でもあまり賑わっていないお店を探したりという工夫をしてみてください!

 

以上でShufooの説明を終わりにしたいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です