【国内転売(せどり)】効率的に儲かる商品を探すために

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今回は、国内転売ビジネスにおいてリサーチを効率的に進める方法を解説していきたいと思います。

 

リサーチをありとあらゆる商品で愚直に行うのも

利益に出る商品にたどり着くことはできます。

 

ただ副業として考えられている人やサラリーマンと並行してビジネスをされる方など、

時間がたくさん取れないという人もいますね。

 

 

そんな人が手当たり次第リサーチをするというのは、

時間や作業量的に非常に厳しいと思われます。

 

リサーチする時の指標を明確にしていれば、

スムーズにリサーチをすることができます。

 

 

リサーチする時に定めるべきルールは


①スケジュールを決める

 

リサーチは習慣にしてもらいたいのでできれば毎日続けるのが理想的です。

 

そのためにはある程度余暇や休みがなければ厳しいという方もいますが、

家に帰ったらリサーチする時間を決めてしまうというのがいいでしょう。

 

例えば、

20時〜22時まではしっかりリサーチを行ないその後は休む

といったスケジュールを決めてしまうということです。

 

その方がメリハリの効いた時間の使い方になりますし、体を休められる時間も確保できます。

 

一番良くないのが、時間はたっぷりあるのにダラダラとリサーチしてしまうことです。

効率は悪いですし、集中してリサーチを行えません。

 

スケジュールを決めた方がその時間内は少なくともその時間内は作業に集中することができるので、

リサーチの際はそういった自分ルールを作ると効率よくリサーチができます

 

②商品ジャンルを絞る

 

リサーチを効率化する方法には、ある程度扱う商品を絞るということも効果的です。

何でも調べようと思うと、幅が広すぎてしまうのでなかなか見つかりませんし、

大変なのでモチベーションも上がりにくいです。

 

絞りすぎるとかえってリサーチ範囲が狭まるのである程度加減することは必要です。

 

 

例えば、今日はファッションを中心に攻めるという大まかなジャンルで絞っておくと、

効率よくリサーチすることができます。そのように絞っていくことによって、

そのジャンルの特徴を把握することができるので、リサーチ力のある向上にもつながります。

 

 

そしてあらかじめジャンルを絞ることによって、

明確な作業内容が明確になるので、時間を決めるのと同様に効率よくリサーチでき、

かつ習慣にして取り組むことができます。

 

 

利益が出る商品の特徴を考えるというのも大事なことです。

 

がむしゃらにリサーチを繰り返して、

その都度利益のでる商品にたどり着くというのはあまりにリサーチ時間がかかりすぎます。

 

例えば数種類でもリサーチでうまくいった商品があれば、

その商品の特徴を考えてさらに商品を割り出していくことが可能なので、時間の効率化につながります。

 

黙々とリサーチ作業を繰り返し行うよりも一つの商品から生まれたアイデアを活用すれば、

時間を取られるような作業は少なくなります。

 

以上のような手段で作業を効率化していただきたいと思います。

 

リサーチは一日にしてならず


 

上記の方法はあくまでリサーチをある程度効率化させるものです。

 

残念ながらリサーチ力自体に関して言えば、作業をしなければ身につきません。

 

当然のことですが、リサーチ作業をすることを前提にして、

リサーチの効率化を測っていただきたいと思います

 

最初から楽してリサーチしようとすると、リサーチどころか転売ビジネスの流れすら掴めずに終わってしまいます。

 

そうはならないためにもしっかりとリサーチ作業を行って自力をつけて頂きたいと思います。

くれぐれも最初から楽しようとせずに、

まずはスキルを身につけることを目標にしてください。

 

楽はあとからでもできます!

 

ただし、スキルは身につけようと思わないと身につけることはできません。

 

今日お伝えしたものはあくまでリサーチを効率化させる方法で、

決して楽して稼ごうというものではないです。

 

しかし、リサーチ能力を身につければ、作業を大幅短縮することは可能です。

 

僕自身も最初は3時間以上リサーチしていたにも関わらず、一品も見つからないことがありました。

しかし、リサーチをやり続けることによって、1日1時間もあれば、月に20万を稼ぐことが可能になりました。

 

最初は大変かもしれませんが、作業量はうまくリサーチができるようになるための投資だと思ってください。

 

そのことを留意してリサーチに取り組んで頂きたいと思います。

 

以上でリサーチの効率化についての話を終えたいと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です