せどりではリサーチして利益が出る商品を見つけよう

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今回は、国内転売ビジネスにおいて一番大事なリサーチについて勉強していきましょう。

 

転売ビジネスではリサーチという言葉がよく出てきますが、

一体どういうことをして、何を使えばいいのかが分からないと話になりません。

 

しかし、初心者には言葉だけでは何かわかりませんよね?

 

 

そこで、今回は初心者にもわかるように

そのリサーチにおける基礎的な知識をご説明したいと思います。

 

 

国内転売ビジネスにおけるリサーチとは


 

リサーチとは、商品がどれほどの価格でどれくらいの数量売れているのかを調べるということです。

 

 

このリサーチさえできれば、転売ビジネスは上手くいったも同然です。

 

何故ならいくらでどのくらい売れているかが判断できるので、

基本的にここさえ間違えなければ失敗しないというビジネス

が転売ビジネスになります。

 

極端に言えば、リサーチが全てと言っても過言ではありません。

 

リサーチができれば、

国内転売であろうが輸入転売であろうが輸出転売であろうが

全ての転売で成功できることは間違いありません。

 

そう断言できるほど、どの転売ビジネスでもリサーチを軸にして行われます。

 

前回の記事でも転売ビジネスは簡単で、非常に初心者向けのビジネスであるというお話をさせて頂きました。

その時の記事を見ていない人はご覧いただきたいと思います。

 

前回の記事はこちら↓

転売はあくまで初心者向けのビジネス

 

転売ビジネスが簡単である理由は、知っておくべき事が

リサーチと仕入れや出品で使う媒体(Amazon、ヤフオクなど)の操作法ぐらいのものなので、

簡単だと言い切れるわけです。

 

リサーチが出来てしまえば後は単純作業になりますので

転売ビジネスにおいてはリサーチが大事だということだけでも覚えていただきたいと思います。

 

リサーチをする際にどの媒体で出品するのかを見ます。

出品する場所によってリサーチに使うものが変わってきます。

 

国内転売ビジネスはAmazonへの出品です。

 

そこでAmazonで出品するにあたって

どんな方法でリサーチをしているのかをご説明いたします。

 

 

モノレートについて


 

Amazonで商品を売る際には、モノレートを使ってリサーチをしていきます。

モノレートとは、Amazonでその商品がどれくらい売れていて、幾らで売られているかを知る事ができるサービスです。

 

モノレートは無料で使えるものなので、ご安心して頂きたいと思います。

 

 

まずリサーチをする際にどこの市場を調べるかによって使う媒体が全く違います。

 

Amazonではモノレートを使いますが、他のところで出品となると違うところで調べなければいけません

 

モノレートはAmazonの市場に限って言えば調べられるだけで、

他のサイトで出品をする時には参考にならないということは覚えておいてください。

 

 

しかし、Amazonに出品する上では欠かせないツールがモノレートです。

 

むしろモノレートが優秀すぎて、他のツールを使う必要がほとんどないというくらいのシロモノです。

 

 

モノレートではAmazonで出品されているものは、

過去数カ月に渡って調べる事ができるし、この時点では幾らで売れたのかまで把握する事ができます。

 

 

実際に僕が月20万円も利益を上げた時はモノレートしか使っておらず、

他のツールを使うという発想もなかったぐらいです。

 

 

というわけで、国内転売においてはモノレート

いかに大事なツールかということをご理解いただけたと思います。

 

Amazonで商品をリサーチするためのメインの媒体であり、

これより正確にAmazonでリサーチできるツールは他にありません。

 

 

モノレートの使い方をマスターできれば、

国内転売ビジネスはほぼ完璧に仕上がったといってもよいでしょう。

 

 

次の記事では、どのようにしてモノレートを見ていくのかというところまで、

解説したいと思いますのでお見逃しのないようお願いいたします。

 

国内転売ビジネスを、やる上で最も大切なことを学べると言っても過言ではありません。

 

必須事項なのでモノレートの使い方は是非覚えておきましょう。

 

以上でリサーチの概要についての説明でした。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です