Amazonの検索画面から商品のランキング変動を見る方法

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

今回は、せどりで使える無料ツールを駆使して

リサーチを効率化していく方法について解説しています。

 

このツールを使えば、モノレートを開くことなく

Amazonの商品ページから様々なデータを見ることができます。

 

AMZ seller browserのインストール

 

今回ご紹介するのはGoogle拡張機能の1つ

AMZ Seller Browser」と言われるものです。

 

Googleの拡張機能はこれまでいろいろご紹介しましたが

本当に便利ですよね、Google笑

 

名前から見て恐らく海外発の拡張機能だと思われます。

 

こちらからインストールして

自分のGoogleに追加してください。

 

追加が終わったらすぐに使える機能なので

難しい設定も特に必要ありません。

 

AMZ seller browserの使い方

 

インストールが完了したら

次は使い方の方を見ていきましょう。

 

まずはAmazonのページを開きます。

 

今回は「ラジカセ」で商品の一覧ページを見てみました。

 

 

商品画像すぐ下に注目してみてください!

なんかいろいろ出てきてますよね?

 

これは別に嫌がらせでもバグでもないんです笑

 

AMZ seller browserを使うと

  • 現在のランキング
  • ランキングの履歴(BSR History)
  • 価格履歴(Price History)
  • 関連商品(Brand)
  • ASINコード
  • Amazonの在庫の有り無し
  • 出品者数

が商品の一覧ページから見ることが出来るわけです。

 

青字の英語の部分にマウスをかざすとグラフが現れます。

 

この拡張機能の主な用途としては

 

  • ASINコードが一覧ページから取得できる
  • 他の出品者の有無がすぐにわかる

 

など、Amazonからの商品リサーチを非常に便利にすることができます。

 

ASINコードが一覧ページから手に入れられるのは

地味ですが効果としてはありがたいです。

 

商品単一ページではなく、

商品の一覧ページからこれほどの情報を取得できる機能は

この拡張機能の他にないと思います。

 

多分・・・笑

 

AMZ seller browserは使いこなせると

極端にリサーチ時間を減らすことができます。

 

ぜひ使いこなしてリサーチ作業をどんどん効率化させていきましょう!

 

 

以上でAMZ seller browserの使い方についての説明を終わりにしたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です