在庫と無在庫転売の比較

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

今回は国内転売ビジネスにおける2つのスタイルの

メリットデメリットをそれぞれ紹介したいと思います。

 

国内転売には主に2種類の転売ビジネスが存在します。

 

それは、有在庫転売無在庫転売です!

 

 

それぞれ全く違うビジネスと捉えて良いほど違いがあり、仕入れや出品の窓口がそれぞれ異なります。

 

 

在庫転売の特徴


 

まずは有在庫のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

 

メリット

 

・リードタイムが短い

 

リードタイムとは、お客さんが商品を注文してから到着までにかかる時間のことです。

 

有在庫の場合、商品は手元にあるので手配さえすれば即発送できるという利点があります。

 

中にはできる限り早く欲しい人がいます。発送がすぐであれば、かなりイメージがいいです。

 

・メジャー商品を扱える

 

基本的にメジャーな商品を扱うことになります。人気の商品は需要が元々あるので、

受注生産をしていないものが多く、無在庫での販売は難しいです

 

しかし、有在庫であればそれらの商品を扱うことができるので転売を優位に進めることができます。

 

・信頼性が高い

 

有在庫ではどんな商品、出品先を扱うにしろ在庫の状況が購入者から把握できるようになっています。

 

無在庫はリードタイムがあるので、発送にかかる時間にこのリードタイムがあることを明記しています。

 

有在庫の場合は、即日発送できるということでバイヤーからすると

いつ商品が届くのかわかるものは基本的に信頼されます。

ちゃんと在庫していると商品管理をしているというイメージがつくので、購入されやすくなります。

 

 

デメリット

 

・資金を使う

 

有在庫なので、在庫とする商品を仕入れる必要があります。

その際の仕入れ資金を少なからず、用意する必要があります

 

大前提にお金がかかるということがデメリットとしてあります。

 

 

 

無在庫転売


 

メリット

 

・資金ゼロでビジネス可能

 

無在庫は在庫を持たないので、商品購入の必要がありません

支払いが完了してから仕入れ先に手配するので、資金を口座やカードなどで支払わずに商品を発送できます。

 

 

・在庫を持たなくて良い

 

これはその名の通りのメリットですね 笑

 

在庫を抱えるには家にそれなりのスペースが必要ですし、

それができない場合は倉庫などを借りて出品するという方法を取るしかありません。

 

しかし、無在庫ではそのようにスペースやお金を気にすることなくできます

 

無在庫転売の最大のメリットと言ってもいいでしょう。

 

デメリット

 

・リードタイムが長い

 

無在庫なので支払われてから仕入れの手配をすることになります。

なので支払われてから商品が届くまで一種間以上かかることもあります。

すぐに欲しいという人の購買を促すのは少し難しいですね。

 

 

・信頼性が低い

 

ここでいう信頼性は、購入者の元に早く届けられるかという問題もありますが、

「そもそも商品がちゃんとあるのか?」と思われてしまうという問題もあります。

 

支払いの後、いざ注文したところで品物がありませんという状態になってしまうと

自分の評価が傷ついてしまいます

 

 

オススメの転売方針は?


 

ここまでで、2つのスタイルのメリットとデメリットを上げてきましたが、

どれがいいのかというのが気になると思います。

 

僕のオススメは断然有在庫です!

 

無在庫はそもそも売り上げを考えると、かなり低くなっており、扱えるものもニッチなものが多いです。

 

それ故に、リサーチもし難いので作業自体が無駄になる可能性があります。

 

有在庫は商品の信頼性も高く、商品の回転率が非常に良いので

資金を効果的に回して利益を倍々に生み出してくれます。

 

 

もちろん、僕のススメだけで決める必要はありませんが、

僕の記事は有在庫転売を想定しています

 

 

2つのメリット・デメリットを把握したうえで

転売ビジネスを行いましょう!

 

以上で有在庫転売と無在庫転売のメリット・デメリットについての話を終えたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です