国内転売ビジネスの出品先「Amazon」

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今回は転売ビジネスで出品先となる

Amazonを使うことのメリットについて説明していきたいと思います。

 

 

Amazonは言わずと知れたインターネットのショッピングサイトですが、

出品に使う際にどれほどのメリットがあり

なぜAmazonを使う必要があるかは気になりますよね。

 

というわけで出品に関するAmazonの特徴を知っていただきたいと思います。

 

 

転売ビジネス 出品媒体としてのAmazon


 

集客力

 

Amazonは非常に有名なマーケットであり、利用者は測りしれません。

 

その名前を借りて出品することは、強力な味方を得たと解釈してもいいでしょう。

 

基本的に商品販売事業をする上で、集客力というのが必要で

集客をするために企業は莫大な投資をします。

 

 

あなたがAmazonを使わずに個人のECサイトで物を売る場合、

よっぽどの集客力がない限り、1商品も売ることはできないでしょう。

 

 

その点、Amazonの集客力の凄さは言うまでもありません。

 

 

月間利用者数は世界で4000万人以上、年間利用者数は約39億人と言われています。

 

日本の総人口よりもはるかに多い人数がAmazonを利用しています。

 

これほどの利用者数がいるECサイトはほかにありません。

今でも規模や売上でトップを走り続けているネットショッピングサイトです。

 

 

日本で使う以上、利用者数はこれほどまではいきませんが

それでも利用者数は楽天を上回っていて、日本一の集客力を誇ります。

 

 

一日何百何千というアクセスがあつまるところで

ビジネスをするわけですから多大な可能性が秘められています。

 

 

自分で集客しなくても日本中にいる利用者が

自分が出品した商品ページを見ることになります。

 

 

これが転売ビジネスにおけるAmazonの最大のメリットです。

 

 

Amazon  大口での出品

 

もうひとつの特徴としては大口出品ができることです。

 

大口出品とは、有料の出品者アカウントを作り

Amazonの倉庫を借りて大量に商品を出品することです。

 

たくさん商品を扱っていると、梱包や発送作業など

一人でやるとなるといくら時間があっても足りません。

 

そこでAmazonの大口出品者となり倉庫を借りることで

発送や保管、梱包などの作業を全てAmazonに代行してもらい

作業時間を効率化することができます。

 

 

転売ビジネスに慣れない間は発送作業に時間を取られてしまうと

リサーチに時間が避けないという問題が起こります。

 

この時間のかかる作業を代行してもらえるのは

非常にありがたいことですよね。

 

 

転売ビジネスが非常に楽になり、

リサーチくらいしか自分ですることがなくなります。

 

小口出品というのもあり、それは倉庫を使わずに自分の家から発送しますが

送り状を一つ一つ書いたりすると

月数十個の商品を扱うのは骨が折れます。

 

 

大口は月間利用料が5000円かかりますが、

大量の商品を扱えば、余裕で元が取れますし

メリットの方が明らかに多いです。

 

 

Amazonを使う際には、極力大口出品を使いましょう

 

 

Amazonを扱う上での注意点

 

Amazonがこれほど信頼されているという点は、僕たちにとって非常に嬉しいことです。

 

 

しかし、Amazonの名を借りてビジネスをする以上

僕たちもその信頼性を守らなければならないということにもなります。

 

 

信頼性を守るとはどういうことかというと

ルールをしっかり守って出品をすることです。

 

 

Amazonに関わらず、商品ページに虚偽の説明をつけて販売することは

法律違反になります。

 

 

返品されてしまえば大事にならずに済みますが

アカウントの健全性が傷ついてしまいます。

 

購入者から悪い評価をもらってしまうと

Amazonで商品を販売することが難しくなります。

 

 

最悪の場合は、アカウント停止処分にも成りかねません

 

アカウントは一度停止してしまうと再開というのは難しく

ほとんどの人がアカウントを再開できず

泣き寝入りをしている現状があります。

 

 

お金をもらっているわけですから、大量の商品を扱っているからといって

すべてをなあなあにしてしまえば、アカウント停止リスクは高まります。

 

 

顧客はもちろんのこと、Amazonから信頼される運営を目指し、

商品の扱いや間違いには十分に慎重になりましょう。

 

 

以上が出品で使うAmazonの特徴になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です