「せどり」と「転売」

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

今回は「転売」と「せどり」の違いについて

説明していきたいと思います。

 

 

直接ビジネススキルには関係しない話にはなりますが

基本的なことなのでこれを期に学んでいただきたいと思います。

 

 

「せどり」と「転売」という言葉がありますが

「これって何が違うの?」と思っている人はいると思います。

 

 

それについて今回はご説明して行きたいと思います。

 

 

「せどり」と「転売」の違い


 

あなたもネットで少しだけ言葉は見たことがある、

もしくは元々やっているという人もいるかもしれません。

 

しかし、どのようなニュアンスで使い分けをしているかを

詳しく知っている人はあまりいないかもしれません。

 

今回はあくまで言葉の説明になりますので、

ネットビジネスというよりも国語の授業になってしまうかもしれません 笑

 

せどりとは

 

まずはせどりについて見てきましょう。

 

本来せどりとは、本屋に行って背表紙を見て仕入れをしている個人業者のことを指し、

背表紙を取る→せどりという略され方をして、現在のせどりという言葉が普及しました。

 

しかし、現在は本以外のものであっても、売買をしている個人業をせどりと言っています。

 

 

要は個人でものを買って売却する行為という意味で、広く解釈されています。

 

 

転売とは

 

一方、転売とはどのような行為を指すのかが気になりますね。

 

転売とは、限定品や貴重品などの入手困難な商品を買い付けて

それを売却して利益を得ることを意味します。

 

転売の方がせどりよりも限定的な意味がありますね。

 

 

せどりは全般的に商品を仕入れて販売することですが、

転売はある具体的な商品カテゴリーを扱うことを指します。

 

 

転売は元々、金券やチケット、非売品を扱う個人業のことだというわけです。

 

 

安く仕入れて高く売るというビジネスモデルは変わりません。

 

あくまでこれらの解釈は辞書から拝借したものなので、

ネットビジネスにおいて使い分けをしているというわけではありません。

 

 

僕も始めた当初、せどりと転売の意味は一緒だと思っていました笑

 

ネットビジネスでやる上で、せどりと転売の意味を

適切に解釈することはさほど重要ではありません。

 

 

僕の記事では、一貫して転売という言葉で統一したいと思っている手前、

ここできちんと意味を説明した方が誤解を招きづらいと思い、

今回は説明文を書きました。

 

 

(少なくとも僕のブログ内では)2つの言葉の意味は一緒です。

 

なので、「せどり」と「転売」という言葉自体に惑わされることはありません。

 

中には物販という言葉を使う人もいます。

 

物販も物を売ることと広義な意味で捉えられています。

 

物を仕入れて売る行為自体、せどりと転売は共通しています。

 

 

せどりも転売も安く仕入れて高く売る、

これに尽きるというのを覚えておいて頂ければ問題ありません。

 

今回はあくまで補足的な内容になりました。

 

重要なのは言葉の意味ではなくビジネスの本質の部分です。

 

今後はそれについて学んでいただきたいと思います。

 

 

とはいえ、転売ビジネスをやる以上は知っていたほうが

カッコ悪くないので覚えておいてはほしいです 笑

 

 

「せどり」と「転売」の説明は以上になります。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

p.s

 

今回この記事を書いた経緯としては、僕がよく聞かれる内容だったので、説明を追加しました。

 

何度も言うように、せどりと転売はあくまで一緒くたにして考えています。

 

現に僕のビジネスも限定的な商品を扱っていませんが、

転売という言い方をしています。

 

僕は国内と輸入の講座を設けておりますので

両者共に「転売」という言葉の方がしっくりくるという理由だけで

「転売」という言葉を使っています。

 

自分が使うときは自分が好きな言葉を使ってもちろん大丈夫です。

 

 

以上が「せどり」と「転売」の違いについてでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です