国内転売(せどり)の仕入れと「ヤフオク」

こんにちは、ゆーすけです!

 

今回は国内転売ビジネスで実際に仕入れ作業に入る前に

基本的な知識をお伝えしたいと思います。

 

国内転売でも輸入転売でも、

仕入先に対する理解というのは非常に大事です。

 

そんな仕入先ですが、初心者の方は

「たくさんの仕入先が思い浮かぶので、そんなにたくさん見れない!」

と考えてしまうかもしれません。

 

しかし、大事なことは仕入先をとにかく量を見ることではなく

1つのメインの仕入先を確率させていくという考え方です。

 

国内転売のメインの仕入先を確立させよう


国内転売ビジネスでは、文字通り国内のネットショップ実店舗から仕入れることになりますが

そう言われると候補がいっぱい思い浮かびますよね?

 

正直数えられないほどに・・・・

 

そんな中、少なくとも仕入先に関してコメントできることは

仕入れ元はコレが一番いいというのはありません!

 

転売をしている人たちは、状況に応じて仕入先を使い分けたり

メインで使う仕入先がそれぞれあったりします。

 

 

まずは、仕入先を1つ確立させた後に

販路を広げていくという戦略でいいと思います。

 

 

むしろ1つの仕入先で作業に慣れていないうちに

ほかの仕入先を探していると全く効率が上がりません。

 

 

なぜなら、各仕入れ先で商品の探し方だったり

カテゴリ別のソートの仕方が違うことがあるからです。

 

 

慣れない作業をそれぞれの媒体でやってしまうと

一向に作業効率が上がりません。

 

まずは1つの媒体で安定的に商品を見つけられるようになったら

次、また次と仕入先を発掘していきましょう。

 

二兎追うものは一兎も得ずです。

 

焦らずに最初はひとつに絞って集中してリサーチをしましょう。

 

飽きたら別の仕入先を

 

ただ、1つの場所で探しているとマンネリ化しますし

飽きてきてモチベーションも上がらないので

気分転換の意味も込めて他の仕入先を見のもありです。

 

 

転売初心者にとっては、メインの仕入先を確立させておきたいところではありますが

何よりも作業効率が落ちてしまっては本末転倒です。

 

 

転売ビジネスは基本的には単純作業になるので

自分でモチベーションを上げるというのが非常に重要になります。

 

自分なりにモチベーションを向上させるようなことを

普段の生活の中で見つけるというのも

作業をしていく中では重要になります。

 

 

どうすればマンネリ化を食い止められるかは

その人次第で違いますので自分で工夫することが必要です。

 

最初は僕も1商品見つけるのは大変だったので、

あらかじめ「20時~22時の間は、徹底的にリサーチをする」などの

決まりごとを自分で作り、それ以降の時間はすっぱり辞めるという作業の流れを作っていました。

 

決まりごとを作ると、なんとか達成しようという気持ちになるので

 

転売をする上でオススメの習慣です。

 

肌に合うという人は、ぜひ取り入れてください。

 

 

せどりでメインの仕入先にオススメなのは


 

仕入先で使うメインは、「ヤフオク」をオススメいたします。

 

非常に有名というのもありますが、とにかく使いやすいのが特徴です。

 

 

商品のカテゴリも細かく分けられており、

仕入れる商品をあらかじめ絞って検索することができます。

 

何より商品数が桁違いに多いのでリサーチが上手くいかない人でも

ラッキーパンチが当たる可能性が高くなります。

 

 

取引も購入から受け取りまでがスムーズに行われますので

初心者でも安心して利用することができます。

 

 

さらにTポイント付与制度などがあり

購入の度にポイントが貯まっていきます。

 

商品購入の機会が多い「転売ヤー」からすれば

こんなに嬉しいことはありません。

 

月に数十も商品を買うと、平気で1、2万円分くらいのポイントが貯まります。

 

このポイントも仕入れで使えるので

さらに売上を拡大させることができます。

 

 

このようにヤフオクには様々なメリットがあり

メインの仕入先としては非常におすすめのサービスです。

 

ヤフオクでせどりを行う時の注意点

 

ただし、注意しなければならない点もあります。

 

それは出品している人の中には

プロばかりではないというところです。

 

素人の出品物だと保管状況が悪かったり

商品説明が適切でない場合があるので、仕入れをする際には注意が必要です。

 

掲載している商品があれば、出品者に質問をすることができるので

商品の詳細が知りたいと思えば質問をすぐにしてしまったほうがよいでしょう。

 

出品者は購入者から評価をしてもらうシステムになっているので

その商品の出品元の評価も同時に確認しておきましょう。

 

悪い評価が全体で3割もあれば注意が必要です。

 

これらの注意事項を頭にいれてヤフオクを使いましょう。

 

以上が国内転売ビジネスの仕入れ先についての話でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です