Amazonの規約変更!新品は出品できない?

こんにちは、ゆーすけです!

 

本日もブログを見ていただきありがとうございます。

 

今日はせどり業界をにぎわせている?ニュースについて

お話していきたいと思います。

 

最近のAmazonの規約変更

実は最近Amazonの規約変更がありました。

 

これにより少なからずせどらーは影響を受けるのではないか?

というような変更です。

 

ちなみにAmazonはこれまでも度重なる規約変更があり

いちいち騒いでいても正直しょうがないです笑

 

ただ、今回の規約変更に関して言えば

初心者が一番多く影響を受ける」ものだと思ったので

お伝えしようかなと思った次第です。

 

肝心の規約内容の変更は「出品する商品の仕入先」についてです。

これにより出品ができる商品が制限されてしまいます。

 

 

これは「新品」として出す商品の仕入先に

以下のものがあるとNGという規約です。

 

ちなみに中古は関係ありません。

 

まずは1つずつ見ていきましょう。

 

個人から仕入れた商品

1個人から仕入れた新品商品は

Amazonで「新品」として販売することができなくなりました。

 

これによってヤフオク・フリマなどで個人で販売している人からの仕入れ

全くできなくなるということです。

 

ちなみに個人でも事業主であればOKということです。

 

ヤフオクでも個人事業主からの購入はOKみたいですね。

 

これは実際にAmazonの解釈次第になりますが

強いて言うならヤフオクの「ストア」であれば問題ないかと思います。

 

しかし、いざ「個人からの仕入れ」ではないという証明をAmazonから求められた時に

提出できるようにしておく必要があるかもしれません。

 

メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品

 

これもヤフオクやフリマで仕入れている商品が影響するでしょう。

基本的に個人が販売している商品は保証が効きません。

 

普通にお店で買うのと同じくらいの保証が商品についてなければダメということですね。

 

例えば、SONYの商品を販売するときに

その商品は欠陥や破損があった場合,SONYの保証が受けられるようになっているのか?

というのが問われています。

 

また、保証というのは「商品を購入した時点で保証期間が開始」されるものです。

 

しかし、Amazonで販売するものは購入した人が同じ保証期間がなければ

販売してはいけません。

 

Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品

 

Amazonで売られている商品も販売商品として扱えなくなりました。

これは実は予想してました笑

 

この規約で何が問題かというと

Amazon刈り取り」というせどりの手法が通じなくなってしまいます。

 

Amazon刈り取りについては、以前の記事でご紹介しているので下記を参考にしてください

Keepaを使ってAmazonの値下げ情報をゲット!

 

Amazon刈り取りは、実際に「別アカウントで仕入れれば問題ない」

という人もいます。

 

しかし、完全に仕入れを外注化していなければ、

アカウント同士の関連性が見つかって

イエローカードを貰うかもしれません。

 

Amazonのアカウントスペシャリストは

CIA並みの捜査力を持っています笑

十分に注意して行ってください。

 

というわけでいろいろ新品に制限がつき

やりにくくなった人がいると思います。

 

 

しかし、今回の規約変更で影響を受けた人もいますし

影響をさほど受けてない人もいます。

 

僕も全くと言っていいほど影響を受けていません。

 

なぜ、こんなに環境が変わったのに全く影響を受けないのか?

それは扱う商品に理由があります。

 

規約変更の影響を受けないのはなぜ?

中古商品がメイン

僕が扱うせどり商品と言ったら、基本的には中古品です。

中古品は今回の規約には全くと言っていいほど関係ありません。

 

僕は新品の出品に関しては厳しくなる予兆が1年位前から見えていたので

中古にシフトして今やそれがメインになりました。

 

中古というと難しそうなイメージがあるかもしれませんが

今となっては新品よりも初心者向けだと思っています。

 

基本的に今のAmazonの規約を考えると

新品の出品がかなり厳しいので

あまり規約に踊らされたくないなら中古も検討するといいでしょう。

 

輸入という収入源

このブログをご覧頂いている人はご存知だと思いますが

僕はebay輸入というビジネスも運営しています。

 

これはまったくAmazonを利用しません。

 

未だに安定して利益を叩き出すことができているので、

悠々と生活しています笑

 

今回のガイドライン変更で取るべき対策は?

今回、出品のガイドラインが変更して「影響はないよ」と言い切れる人はいいですが

それでも困る人はいると思います。

 

そこでどんな対策を取れるのか?という部分を解説していきたいと思います。

 

他の出品先も検討する

せどり=Amazon販売と決め付ける人が多いですが

何もAmazonだけで商品を販売しなければならないわけではありません。

 

他の出品媒体が使えるのであれば積極的に使ったほうが

当然いいわけです。

 

特に、複数の商品を仕入れている場合は

リスクヘッジも考えていろいろなところで出品していたほうが

売れるまでの時間は早いので資金の回収も早いです。

 

メルカリ、ヤフー、楽天など様々な出品先で

商品を流すということも検討してみましょう。

 

中古の取扱いを考える

どうしても新品を扱いたいのであれば方法はいろいろあります。

 

しかし、今後も規約変更があることを考えると

中古というジャンルにも手を出していくことも考えたほうがいいです。

 

規約の変更に順応に対応する

 

という選択肢もありますが

 

そもそも関係ないところで悠々自適にやる

 

という手もいいです。

 

全くストレスがありませんしね笑

 

中古品を扱うには「古物商」とかも必要ですが

取得は難しくないのでこれ期に検討してもいいのではと思います。

 

Ebay輸入をやってみる

そもそもAmazonを使わないビジネスをするのもいいです。

 

ある意味究極の手法ですね笑

 

Amazonが目に見えて厳しくなっているので

別の道も今のうちに探しておこうとするのは決して悪いことではなく、

むしろいいことです。

 

実際はAmazonを使うこともしますが

基本的にはヤフオクだけで十分に利益を生み出せるビジネスなので

せどりしかやったことがない人はチャレンジしてみる価値は十分あります。

 

僕のメルマガ登録者には輸入の無料教材もプレゼントしているので

興味があれば見てくださいね^^

 

Amazonの規約変更については今後もありますし、

他の出品媒体でも考えられることです。

 

そこで「稼げません」と言っているようでは

今後ビジネスでやっていくのは難しいと思います。

 

そのためにも情報をいち早く察知して

対策を考えることが必要になります。

 

ちょっと難しい言い方をしていますが

そこまで考える必要がありません笑

 

要は「有事に備えよう!」ということです^^

 

 

以上が今回の規約・ガイドライン変更の内容と対策についてでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です