第1話放送記念!仮面ライダービルドの概要と感想

こんにちは、ゆーすけです!

 

最近、ブログのイメージを少し変えてみました^_^

少しどころじゃないですね笑

 

以前から見ている方はびっくりしたかもしれません^_^

 

 

僕の記事を読んでいただいている方はわかると思いますが、仮面ライダー好きということもあり、仮面ライダーをモチーフにしています。

 

オリジナル仮面ライダーも作って、僕としてはかなり満足のいく仕上がりになりました。

 

しかし!

決定的にある大事な要素が抜けていることに気がつきました。

 

 

それは・・・

 

 

僕が全く仮面ライダーに関する記事を書いていないということです笑

 

こんなに好きなのに・・・

 

普段はせどりや輸入についての話をすることが多いですが、

今後仮面ライダーやプライベート的な記事も載せていこうかと思います。

 

長い前置きになりましたが、今回は仮面ライダーについて語りたいと思います。

 

新仮面ライダー誕生!その名もビルド

 

なぜ僕がこんな風に仮面ライダーの話をしてみよう!と思ったのか・・・

 

実はこの夏に新しい仮面ライダーが始まるんですよね〜

 

その名も仮面ライダービルド

 

 

個人的にはデザインが凄くかっこいいのでかなり期待しています。

 

私的に当たりライダーの予感がしますね。

 

前作のエグゼイドはコミカルなデザインでしたが

ビルドはかなりかっこいいデザインです(個人的に笑)

 

エグゼイド

http://kamenriderdaisuki.com/post-109/

 

ビルド

http://www.kr753.com/wp-content/uploads/2017/07/30AAVK1-1.jpg

 

 

ただ仮面ライダーに興味がない人はわからないかもしれませんが、

仮面ライダーは大人からの人気も凄まじいんです。

 

僕なんて20代ですしね^_^

 

 

しかし、興味ない人はおとなでも全く見ないと思います。

 

そこで、僕の個人的な趣味で書くとともに、

新しい仮面ライダーが始まるのでちょうどいい機会だ!

と思い立ったわけです。

 

簡単にいうと、単なる思いつきです笑

 

ですが、平成に入ってからの仮面ライダーは比較的大人を意識して造られるものも多く、

今更ながら見ても案外ハマってしまうかもしれません。

 

 

今回はビルドについての情報をまとめて見ましたので、少しでも興味を持ってくれると嬉しいですね!

 

今回のテーマは?

仮面ライダーにはモチーフになるものがあり、前作のエグゼイドはゲーム、

その前のゴーストは幽霊、と各ライダーごとにテーマが決まっています。

 

今回のビルドはどんなテーマで作られているかなんですが

巷ではMinecraft(マインクラフト)ではないかと言われています。

 

なにそれ?って感じかもしれませんが

マインクラフトもゲームです笑

https://minecraft.net/ja-jp/

 

マインクラフトについてはゲーム好きの僕でも

やったことがないのでよくわかりませんが

なにやらブロックを設置して冒険する?みたいなゲームらしいです。

 

ビルドはおそらくbuild(建てる)から来ているので

ブロックを積み上げて何かするのか?みたいな予想です。

 

主人公の設定

前作のエグゼイドは医者プラス天才ゲーマーという設定でしたが

今回は天才物理学者という設定みたいですね。

 

やたらと天才多いですね笑

 

主人公の名前は、桐生戦兎(きりゅうせんと)というキテレツな名前なので

何かしらキーワードが隠れているのかと思います。

 

第一話を見ての感想

 

実は今日が放送日なんですよね、ビルド!

仮面ライダー好きとしては当然チェックしました。

今後もし続けますが・・・笑

 

世界観は三国志みたいな感じですね。

日本が北都、東都、西都と3つの勢力に分かれているみたいです。

 

東都には謎の組織「ファウスト」によって生み出された未確認生命体「スマッシュ」という怪物がいます。

 

それを倒すために主人公が仮面ライダーになれる発明をしているようです。

 

あと、主人公はどうやら記憶喪失の模様。

「スマッシュを倒していくことで記憶を取り戻すのに必要な何かが手に入る」

というストーリーのようですね。

 

1話目なので情報量は少ないですが

この伏線は後々回収することになるんだろうと思います!

 

「いつ仮面ライダー出てくるんだろう・・・」と思っていたら

開始2,3分後には本人登場です笑

 

今回は怪物を倒して強くなるタイプの

成長型のライダーのようです。

 

主人公の物理学の知識を活かして仮面ライダーになれる変身ベルトを発明して

そのエネルギーは怪物を倒していくことで得られる??みたいな感じです。

 

マインクラフトがモチーフではないか?と言われていますが

実際はプラモデルかもしれません。

 

さっきから予想や憶測が多くて申し訳ないですが

まだ1話目なのでそこは勘弁していただきたいと思います。

 

余談ですが、仮面ライダーにもパターンがいろいろあります。

今回のビルドは「自分は仮面ライダーと名乗るパターン」です。

 

ちなみにほかのパターンでは

 

「あいつって何もの?」ってところから

人々の注目を集めて

「新聞紙上で仮面ライダーというあだ名が付けられる」パターン

 

仮面ライダーという言葉は出てこずに

「仮面ライダー〇〇の〇〇の部分だけを名乗る」パターン

 

みたいに言いだしたらメチャメチャ長くなりますが

とにかくいろいろあります。

 

前作のエグゼイドはいきなり変身させられて

かなり最初は戸惑いながら戦うわけですが

今回は「怪物と戦うのはもはや当然」みたいな感じで戦闘していますね。

 

危なげもなく、怪物を倒しています笑

 

今回のライダーキックは?

仮面ライダーといえば、やはり「ライダーキック」です!

 

ライダーキックもそのライダーによって

すごく個性が出るところではありますが

今回は「物理学」という部分が強く出てますね。

 

まずは、キックの前に怪物を捕まえるこんなグラフのようなものが出ます。

 

そして、この上を滑るように相手に向かっていき・・・・

 

そして、命中!

 

これもライダーファンからツッコミがあるそうなキックですね笑

 

図形あんまり関係ないんじゃ・・・とか言われそうです。

もちろん、子供の前ではそんな野暮なこと言いませんが笑

 

しかし、こういうパターンがあるから仮面ライダーは面白いです。

 

あまり見たことがないという人もぜひおすすめしたいですね。

 

特に昔の特撮のイメージがこびりついている人は

今の特撮の映像を見たらびっくりするんじゃないでしょうか?

 

前作のエグゼイドもそれで話題になりましたしね^^

 

子供がいれば、子供と一緒に見るうちに親もハマるみたいな話をよく聞きます。

僕の姉もそうでしたね笑

 

 

しかし!

大人だけでみても面白いです!

 

今回はここまでにしますが、来週もまた書きたくなるかもしれません笑

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です