【ヤフオク出品】バイヤーとの対応(クレーム処理)について

こんにちは、ゆーすけです!

 

ここでも輸入転売ビジネスについての話をしていくわけですが

今回は、ある意味一番聞きたくない話かもしれません。

 

輸入転売ビジネスでは、商品を直接お客さんのところに発送するわけですが、

お客さんの元に届いた時点で売り上げ確定と安心するにはまだ早いです。

 

 

適切な商品をしっかり扱っていれば問題は全くありませんが、

自分自身のチェック不足や仕入先とのトラブルなどでクレームをもらう可能性があります。

 

 

クレームをもらう確率はとても低く、年を通して1回あるかどうか程度です。

しっかりと注意深くビジネスをしていれば、まずもらうことはありません。

 

 

ただし、そのやり取りのしかたによっては後々のビジネス活動において影響を与えるかもしれないので、

今回は記事にしてお伝えしようと思いました。

 

真摯な態度で対応しよう


 

まずは自分に落ち度があってクレームをもらった場合は、きちんと謝りましょう。

 

ここで面倒臭がってメッセージを送らないと出品者としての評価に差し支えます

 

そのバイヤーの立場になって考えて見ましょう。

もし相手に落ち度があるのに、返品対応どころか謝りもしないセラーを前にしたらどう思いますか?

 

いい気分ではないですよね?

 

それを考えるとミスは素直に謝り、返品対応なども受けいれた方が悪い評価を貰わずにすみます。

 

そこで対応をしっかりしないと悪い評価をもらったという印象がつき、

それが重なるとリサーチをきちんと行っているのに商品が売れないという状況にもなりかねません。

 

あくまで真摯な姿勢での対応を心がけてください。

 

僕の経験ですが、以前不用品転売をしていたところ、商品の説明不足でクレームをもらったことがあります。

その時に、丁寧な言葉で謝り返品対応を取りましょうか?と提案もしてみました。

 

 

その時のバイヤーさんは非常に優しい方で、僕の対応がよかったため、

今回はそのまま購入という結論を出していただきました。

 

 

何でも、「クレームに対してきちんと対応してくれたのが嬉しいし、

お互いに気持ちよくとりひきしたいので・・・」とのことでした。

 

「なんて素晴らしいバイヤーさんなんだ!」と思いました。

僕のミスにも関わらず、そのまま受け入れて頂いたので、お互いに遺恨を残さずに済みました。

 

僕もこんな親切なバイヤーさんがいたことが嬉しかったので、

お詫びに菓子折りを送り最終的に気持ちの良い取引ができました。

 

きちんと対応をすると特をすることもあるので、対応には十分気をつけて頂きたいと思います。

 

 

毅然と対応をしよう


 

しかし、何も理解のあるバイヤーさんだけがヤフオクにいるとは限りません。

きちんと商品説明をしているにも関わらず、無茶なクレームを言ってくる人も出てきます。

 

 

僕の意見をいうと、本当に自分に落ち度がなければ変に罪悪感を抱く必要はありません。

文句を言いたいだけの人もいますので、いちいち相手にするのは正直時間がもったいないです。

 

 

それでも対応だけは丁寧にしてほしいですが、

そのような場合は特に下手に出る必要はありません。

 

商品説明でも記載したように〜〜になっています。ご理解頂きたいと存じます。

など言い方などは気をつけますが、悪いことをしていないのであれば、毅然とした対応を取ることも必要です。

 

 

セラーと同じようにバイヤーも評価される側なので、そこまで露骨なクレーマーは少なくなりましたが、

中にはひたすら文句や嘘をついて値引きさせるという手段を取る人もいないわけではありません。

 

そんなときは堂々とした振る舞いでの対応を心がけて頂きたいと思います。

 

 

商品を扱う上では些細なトラブルはつきものです。

 

それにしっかりと対応してむしろプラスに変えるか、

適当に対応してさらなるマイナスにつなげるかはあなたの対応次第です。

 

 

出品の際には、ぜひ信頼を得るような対応・態度を意識しましょう。

 

以上が輸入転売ビジネスにおけるバイヤー対応についてでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です