ヤフオクで輸入品出品の準備をしよう

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今回は輸入転売ビジネスで出品に関しての説明をしたいと思います。

 

輸入転売ビジネスの出品に関する記事はこれが初回になります。

 

大事なファーストステップになるので、僕もここから気を引き締め直したいと思います。

 

 

出品は仕入れと違い、売り上げに直結する作業なので、慎重に行う必要があります。

 

 

輸入品の特徴(ヤフオクを出品先に選ぶ理由)


 

輸入転売ビジネスでは、出品先にはヤフオクを使うことになります。

 

出品媒体の説明はひとまず置いておくとして、

国内転売ビジネスの出品とは別の注意点が輸入転売ビジネスにはあるので、そちらをまず説明したいと思います。

 

国内転売と違い輸入転売においては、扱う商品が全て輸入品となります。

 

これは名前の通りなので、そのままですね 笑

 

 

ですが、問題は輸入品であることそのものではなく、

輸入品にはどんな特徴があるのかというのが重要になります。

 

 

あなたは輸入品と聞くとどういうイメージがありますか?

 

高品質高価格という人もいるでしょうし、カッコいいという人もいるかもしれません。

 

しかし、輸入品と聞いて最初に気になるのは、恐らく品質だと思います。

 

ブランド品ならばまだしも、輸入品は食品などが分かりやすい例で

基本的に品質に疑念が抱かれやすいという特徴があります。

 

中国産のお肉なんて食べないという日本人もいますよね。

 

中には国産のものしか買わないと頑なに言う人もいます。

 

そういったイメージはあるとは思いますが、基本的に日本は輸入大国です。

むしろ輸入に頼っていない産業が珍しいくらいで、生活のあらゆる場所で使われています。

 

というわけで確かに輸入品は日本でも人気でセラー・バイヤー共に多く

生活には切って話せない商品群になります。

 

実はとても需要のあるものなんです!

 

まずは輸入品に対するマイナスイメージは取り除いて頂きたいと思います。

 

 

輸入品の出品に必要なもの


 

ネットで転売ビジネスをする際には、どの媒体で出品するかというのが大事です。

 

なぜなら各マーケットに特徴があり、そのマーケットが自分の扱う商品を受け入れてなければ意味がないからです。

 

 

輸入転売ビジネスでは、出品先としてヤフオクを使います。

なぜならヤフオクでは輸入品の販売が多く、輸入品を買うことに抵抗がないバイヤーが多いからです。

 

逆にAmazonではebayで仕入れを行うものに関してはあまりに動きが良くない傾向があります。

Amazonでは輸入品に関しては、商品を完全に国内正規品輸入品に分けています。

 

ヤフオクではなぜ取引が多いのかというと輸入品の価格帯にあります。

オークションというのは基本的に安いものを求めて見る人が多いです。

 

そして、輸入品も国内正規品と比べると安いものがほとんどです。

 

なぜなら輸入するために払う中間マージンが、個人輸入だとかかりませんし、

円高の影響でさらに価格差が生まれたりします。

 

国内正規品だと高く付くけど、ヤフオクで扱われている輸入品は新品だとしても

お釣りが十二分にくるものばかりです。

 

そのお釣りぶんが我々の利益になるわけです。

 

なので輸入品転売ビジネスでは、ヤフオクを使って出品していきます。

 

 

ヤフオクは自由度が高く、手数料や月額費用がAmazonより安いので、

利益率が国内転売よりも高いことがほとんどです。

 

 

安いことでも知られているヤフオクですが、出品媒体としても非常に魅力的です。

 

今後は輸入転売ビジネスで出品するにあたり、

詳細な操作説明や役に立つツールも紹介していきますので、お見逃しのないようにお願いいたしむす。

 

輸入転売ビジネスに関する記事も残りわずかになると思いますので全部残さずご覧いただきたいと思います。

 

以上で輸入品の出品に関しての概論を終えたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です