オークタウンでヤフオク出品を楽にする方法

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

今回はヤフオク出品つまり輸入品をヤフオクで出品するにあたり

便利なサービスをご紹介していきたいと思います。

 

オークタウンについて

 

ヤフオクに便利な出品サービス「オークタウン」について

解説していきたいと思います。

 

ヤフオクの出品はAmazonと違って

自分で入力する箇所が多くて少し煩わしいと感じる人もいるかもしれません。

 

自由度が高いヤフオクですが

その分、自分で取引条件を書いたり商品状態を説明しなければなりません。

 

その作業を効率化するために「オークタウン」の使用をオススメいたします!

 

オークタウンは全て無料のサービス

ヤフオクのIDでログインしてそのまま使用できるという

登録から既に面倒がないサービスです笑

 

まずはオークタウンのページに行き、ログインします。

 

するとこんな画面がでてくるんですが、

上に「出品する」や「テンプレート設定」という列がありますが

主にここを使って出品作業を効率化していきます。

 

まずは一つずつ特徴を見ていきましょう!

 

出品情報は保存できる

 

まずは「オークタウン」で行う出品作業ですが

ヤフオクの画面と同じく、自分で商品説明欄などを打ち込み出品していきます。

 

「出品する」というところから実際に商品を出品できるわけなんですが

ここはヤフオクで操作するのと一緒です。

 

ヤフオクのIDでログインしているから

オークタウンで出品手続きをするとヤフオクでもその情報が反映されるというわけですね。

 

つまり、オークタウンを開いていれば

ヤフオクのページを開くことなく出品できるということです。

 

ちなみにヤフオクとの違いは

配送方法や支払い方法をパターンとして保存できることです。

 

なので、商品によって配送方法を変えたりするときは非常に便利で

あらかじめA、B、Cなどパターンを作っておいて

クリック一つで設定することができます。

 

これがヤフオクで出品するよりも便利な点の1つです。

 

画像を常に使いまわしできる

 

商品画像についても非常に便利で

ヤフオクとの違いは、一度アップロードされた写真は保存されるというところです。

 

つまり、同じ商品を出品する際には使い回しが出来るわけです。

 

もちろん中古などを扱う場合はいちいち写真を取る必要がありますが

最初の一枚は、「メーカーのHPで拾った写真」を使うときには

一度登録すると使いまわしできます。

 

またヤフオクと違って一枚一枚画像をアップロードせず

三枚同時に登録できるのも優れた点です。

 

画像はフォルダ分けできる

 

画像はアップロードする際に、ジャンルによってフォルダ分けもできます。

上の追加ボタンから自分でフォルダ名を打ち込んで簡単に登録できます。

 

アップロードする際にこのフォルダも選択することで、

保存と管理が楽になるので、自分で分かりやすいようにフォルダも作成してみましょう!

 

取引ナビのテンプレートも作成できる

 

もう一つ紹介したい機能といえば

取引後のメッセージをあらかじめ作成して保存することができます。

 

取引ナビテンプレート管理を開き、メッセージを打ち込んでいきます。

 

 

取引ナビテンプレート作成

取引ナビでの段階ごとにメッセージを作成できます。

 

一番最初のメッセージ、入金確認後、発送後など

それぞれメッセージを打ち込んでおけば

いちいちヤフオクで取引の度に打ち込まなくてもよくなります

 

メッセージを打ち込んだら「保存」で完了です。

 

この機能も取引を便利にするために大いに有効活用してください!

 

まとめ

 

オークタウンを利用すれば、ヤフオクでの二度手間を大きく減らすことができます。

 

画像の保管やテンプレートの作成など、すべて無料で使えるので

ヤフオクで出品する際には是非活用してみてください!

 

オークタウンには一括出品する機能があります。

それは上の動画で解説していますので、ぜひご覧ください。

 

 

今回はオークタウンの基礎的な使い方だけでも覚えて帰ってください笑

 

以上がヤフオクで使える出品ツール「オークタウン」の使い方になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です