ebayで仕入れできない場合【転送会社の種類】

 

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今回は、輸入転売ビジネスでebayから日本に輸入するにあたって

転送会社について触れていきたいと思います。

 

 

ebayはグローバルに展開しているネットオークションサイトで

日本からの荷物の行き来もたくさんあります。

 

しかし、すべての商品とセラーが日本への発送を受け入れているわけではありません。

 

 

日本への発送に対応していないものもたくさんあります。

 

 

そんなときにどうすればいいのか?

 

それについて解説していきたいと思います。

 

 

ebayで日本へ発送していない商品

 

 

ebayであなたが商品リサーチをしているときに

そのまま購入手続きに入れる商品は多いと思います。

 

 

しかし、いい商品を見つけたのにも関わらず

この商品、日本発送に対応していない!」という悲劇もあります。

 

 

ちなみに日本発送を対応している商品は

このように表記されています。

 

 

そして日本への発送に対応していない場合は

このように表記されます。

 

 

せっかく利益の出る商品が見つかったのに

日本へ送ってくれないとなると非常にもったいないことになります。

 

そんな時に役に立つのが「転送会社」です。

 

 

ebayで使う転送会社について

 

 

転送会社とはその名の通り、荷物を転送してくれる会社です。

 

 

ebayでそのまま買う場合、

セラーから直接日本へ届ける手続きがされます。

 

転送会社に頼む場合は、ebayからアメリカの転送会社を挟み

購入者のもとに発送手配されるという仕組みになっています

 

 

まずは輸入転売で使える転送会社を紹介したいと思います。

 

 

転送会社一覧

 

  • MyUS

 

  • US-BUYER

 

  • Malltail

 

 

 

それぞれ有名な転送会社なので

これらの転送会社を使えばまず間違いなく届きます。

 

 

どこがいいというのは一概にはいえません。

 

料金などもほとんど変わらないので

好みで選んでいただきたいと思います。

 

 

転送会社への登録

 

 

転送会社に登録する際には

英語で個人情報を打ち込む必要あります。

 

 

とはいってもebayに登録するときとほとんど変わらないです。

 

特に難しい手続きはありませんので安心してください。

 

不安な方は、前回の記事でebayの登録方法で

住所の書き方などを解説しています。

 

そちらを参考にして登録していただきたいと思います。

 

 

 

前回の記事はこちら↓

 

ebayに登録しよう!

 

 

各転送会社の特徴

 

MyUSはアメックスカードで登録すれば、

有料会員の年会費や発送料が安くなるキャンペーンなどをやっています。

 

アメックスを持っていれば、MyUSを使用してもいいと思います。

 

 

ちなみに初期費用だけで年会費がかからないプランもあるので

アメックスを持っていなくても使用しても大丈夫です。

 

 

US-BUYERは、ebayでの入札代行サービスなどもあり

ebayを使用するユーザーにとっては使いやすいと思います。

 

また、FBAを使う(Amazonで出品する)人たちならば

ラベル貼りのサービスもあります。

 

 

Malltailは、日本の会社によるサービスなので

日本と外国間のやり取りが不安であればmailtailを利用するのも手です。

 

転送会社を利用することに不慣れな方には

非常におすすめな転送会社です。

 

転送会社の発送料金について

 

 

各転送会社の発送料金については

下記のリンクから確認できます。

 

MyUS料金シミュレーター

 

US-BUYER 料金表

 

Malltail 料金表

 

 

MyUSに関しては料金表などはありませんが

料金シミュレーターがあるので

荷物の重さなどを入力すれば料金を算出できます。

 

 

 

料金の目安については

重さや為替によっても異なりますので

その都度確認をしていただきたいと思います。

 

 

料金は一度に複数の商品を

まとめて発送してもらったほうがお得になります。

 

 

軽いもので十点以上送ってもらう場合は

送料がさらに安く済むはずです。

 

 

とはいえ転送会社を利用する自体費用が掛かってしまうことなので

直接発送してくれるセラーを探すことをお勧めいたします。

 

 

あくまで日本に送ってくれないセラーや商品で

このような転送会社を利用していただきたいと思います。

 

 

今回の輸入転売ビジネスに使える転送会社についての話を終わりにしたいと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です