輸入禁止商品について~これだけは仕入れちゃダメ!~

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

今回は輸入転売ビジネスにおいて

仕入れをする際に気を付ける商品についてお話ししたいと思います。

 

 

まず、輸入転売における仕入れについてですが

何でもかんでも仕入れていいというわけではありません!

 

 

ebayで普通に売り出されているものでも

日本に輸入してはいけないものや

日本での売り買いが禁止されている商品が多々あります。

 

 

輸入での仕入れでは2種類気を付けていただきたいものがあります。

 

1つは「輸入禁止商品

 

2つは「輸入規制商品」です。

 

まずは1つずつ解説していきたいと思いますので

注意してみていただきたいと思います。

 

 

 

輸入で仕入れられない商品とは

 

まずは「輸入禁止商品」について説明していきたいと思います。

 

輸入禁止商品とは、輸入自体がそもそも禁止されている物のことです。

 

個人用だからと言っても、決して日本に持ってこれないものです。

 

下にまとめておきましたので一通り見ていただきたいと思います。

 

「輸入禁止商品」一覧

・麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤、あへん吸煙具

 

・指定薬物(医療等の用途に供するために輸入するものを除く。)

 

・けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品

 

・爆発物

 

・火薬類

 

・化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質

 

・感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一

 

・種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等

 

・貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)

 

・公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品

 

・児童ポルノ

 

・特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品

 

・不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号まで又は第10号から第12号までに掲げる行為を組成する物品

※引用先「日本税関HP

 

中にはかなり物騒なものもありますよね。

これらに関しては仕入れたくても仕入れられないと思います (笑)

 

そもそも表立って販売していないものが多いので

ほとんどの項目は気にする必要がありません。

 

しかし、大丈夫だと思っていても意外とこの項目にあてはまるものがあります。

それらの商品について説明したいと思います。

 

拳銃や部品について輸入禁止とありますが

モデルガン」や「レーザーポインター」などもこれに当てはまります。

 

ヤフオクでは普通に売られていますが

これは禁止されていることなので十分な注意が必要です。

 

また、ポルノDVDポルノ雑誌も輸入するのはやめておきましょう。

これらも項目に当てはまるので輸入した時点でアウトです。

 

さらに気を付けなければいけないものは、「偽物」商品です。

 

海賊版のCDやDVDもこれに該当します。

 

これは商標権などを侵害する商品に当てはまりますので

輸入禁止商品に当てはまります。

 

前回の記事で、偽物の見分け方について解説しているので

そちらをご覧いただきたいと思います。

 

前回の記事↓

 

偽物を見分けよう!

 

そもそも輸入すること自体が違反な商品です。

 

輸入する可能性が多い商品はモデルガンや偽物なので

これらの商品は仕入れないようにしましょう。

 

 

輸入が規制されている物について

 

 

続いては「輸入規制商品」について説明していきたいと思います。

 

輸入規制商品を簡単に言うと

「輸入そのものはいいけど、商用利用が禁止されている物」です。

 

つまり、買うこと自体は咎めないけど

販売したら違反になってしまうというものです。

 

これらも個人で買う分にはいいですが

量を多く買ってしまうと商用とみなされて輸入できない可能性があります。

 

これらも一覧にしておきます。

 

輸入規制商品一覧

・食品類

 

・飲料

 

・食器類

 

・おもちゃ(6歳未満の子供用)

 

・化粧品

 

・医薬品・医療器具

※引用先「輸入.com

 

上の商品は個人使用であれば輸入可能です。

 

輸入自体は可能ですが商用利用は禁止なので

輸入転売ビジネスでの扱いは避けましょう!

 

これらは食品衛生法などの規制で商用利用が禁止されています。

 

口や体内に直接かかわるものなので

規制がかけられているというものです。

 

個人使用でも関税の判断によっては輸入できないケースもあります。

 

 

これらの商品には気を付けて輸入ビジネスを行ってください。

 

これで輸入ビジネスの仕入れにおいて気を付けるべき

商品品目についての説明を終わりにしたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です