【輸入品仕入れ】ebayのオークションと即決価格

 

 

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

今回はebayの仕入れにおけるオークション形式即決価格形式の商品を

落札する上でそれぞれのメリットをお伝えしたいと思います。

 

転売ビジネスでは、商品の価格差だけではなく、

利益を生み出すためには色々な要素が考えられます。

 

 

初心者はどうしても仕入先と出品先の価格差だけで転売ビジネスを考えてしまいがちですが、

実はそれだけが大事なわけではありません。

 

転売ビジネスでは時間というものも大きくウエイトを占めます。

 

 

今回はそれを、ebay仕入れをしていたら直面する

オークション形式と即決価格の違いを踏まえてお話ししたいと思います。

 

 

オークションと即決


 

オークション価格

オークション形式とは、国内転売の記事でも説明しておりますが、

念のためおさらいしたいと思います。

 

落札者がスタート価格と終了時間を決めて、ユーザーがその期間で値段をつけていき

終了時に一番高い値段をつけていた人が落札できる出品形態です。

 

要は競りを行うわけですね。

ebay内での表記は「Auction」です。

 

オークションの大きな特徴としては、購入者は相場よりも安くなるという点にあります。

 

オークション形式は同じ商品の即決価格と比べられています。

 

 

要は他の出品の価格に晒されているので、それより高いか同じ値段では基本的に買いたくないですよね。

何故なら即決は落札されて在庫切れしない限りは同じマーケット内にあります。

 

 

買う側としては、少なくとも即決で出ている以上は買えなくなることはないだろうと

様子を見ることが多いですよね。

 

僕も似たような心理になります。

 

 

なのでオークション形式は即決よりも安い値段をつけられていくので、

終了時には相場よりも安くなる可能性が高いです。安く仕入れられると単純にお得ですよね。

 

 

しかし、オークション形式は終了時間が決まっているのて、

欲しいと思ったタイミングで手に入らないことがあります。

 

 

終了まで数時間であれば問題はありませんが、

数日後や1週間後にオークションが終了するという場合もあります。

 

発送の時間も考えるとかなりのリードタイムがあり

リサーチで商品を見つけてから、3週間以上掛かってしまう場合もあります。

 

オークションで仕入れをする際は

リードタイムと

 

即決価格

 

一方で、即決はどんな特徴を持っているでしょうか。

 

即決価格(Buy it now)形式では、

オークション形式の相場よりも少し高めに設定されています。

 

 

余裕のあるセラーは高めに設定することで、

できるだけ利益を上げようという発想なわけですね。

 

 

そのため、購買者にとっては敬遠されがちな商品形式です。

 

 

しかし、即決価格での落札はすぐに商品の支払いができるので、届くまでのリードタイムが短いです。

 

 

支払いだけであればその日中に終わり、発送が早いセラーであれば1週間ほどで到着するので、

需要の変化に巻き込まれることが少ないです。

 

 

実は、リードタイムが転売ビジネスにおいて重要なポイントなんです。

多くの転売初心者は見落としがちなので、本記事をしっかり読んで理解を深めて頂きたいと思います。

 

 

リサーチした段階では良い商品だとしても、

手元に届くまでにマーケットの状況が変わることがあります。

 

 

そのため、リードタイムが長いとリサーチして仕入れたのに相場よりも安くなってしまうことも

可能性としてはありえるわけですね。

 

 

リサーチを行い、仕入れをする際には、各商品のリードタイムがどれほどあるのかも考慮しましょう。

リードタイムが短いほど、リサーチした時の情報がより生きた情報になります。

 

 

リサーチ時と商品が手元に届くまで時間が、リサーチの成果に影響いたします。

 

 

オークション形式と即決形式の違いを把握するとともにリードタイムの重要性を理解し、

リサーチと仕入れを行いましょう。

 

今回の話は以上になります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です