ebay輸入品の出品先「ヤフオク」で個人輸入を始める

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

今回は輸入転売ビジネスで使うヤフオクの出品先としての特徴

解説していきたいと思います。

 

 

僕の記事をご覧になっている人は

国内転売ではAmazon、輸入転売ではヤフオクを出品先として扱うことになります。

 

ここで、なぜ輸入品ではヤフオクを使うのか

Amazonと比べてヤフオクにはどんな特徴があるのか

見ていきたいと思います。

 

 

国内転売ビジネスをする際、ヤフオクが出品先になる理由としては

販売する側にとって、輸入品の市場になっていることです。

 

例えば、国内転売ビジネスに関しては在庫などの利点から

Amazonを出品先として使うことがあります。

 

しかし、並行輸入品などはヤフオクが圧倒的に多いため

輸入転売ビジネスではヤフオクを選びます。

 

 

輸入転売の出品先としてのヤフオク


 

ヤフオクのメリットは、とにかく出品側の自由度が高いことです。

 

例えば、写真や商品説明などを自分で行うため

転売ビジネスにおいて商品を「魅せる」ということが可能になります。

 

 

これは考え方を変えればデメリットにもつながるかもしれませんが、

商品を魅せることはAmazonでは難しいので

ヤフオクならではの強みといってもいいでしょう。

 

 

さらにユーザー数も国内ネットオークションサイトでは郡を抜いて多いということもあり、

商品が非常に売れやすいというのもポイントです。

 

Amazonでは出品するまでの体裁を整えるのに

少し時間を用したり独自の出品システムがあるので

慣れるまでに時間がかかりますがヤフオクでは驚く程、

商品が簡単に出品できるという点があります。

 

特別な様式がないので作業は自分次第でいくらでも効率化できますし

面倒な手続きもなく取引がスムーズに進みます。

 

 

簡単に言うと非常に初心者向けで手軽な出品媒体になっているので

これから輸入転売を始めるという人も安心してビジネスができます。

 

 

ヤフオクとAmazon


 

ヤフオクとAmazonの出品先としての比較をしてみましょう。

 

 

まずヤフオクはかなり簡単に出品が可能で

出品者利用する料金もAmazonよりも安いです。

 

しかし、Amazonではお愚痴出品者となることで

Amazonの倉庫で在庫を扱えますが

ヤフオクにFBAのようなシステムがないので

在庫を自分で持たなければならないという特徴があります。

 

 

また、Amazonの特色としてはその信頼性があります。

 

オークションサイトはネットショップの中でも比較的信頼性が低く見られがちで

Amazonと比べるとユーザー数は若干少ないです。

 

 

しかし、Amazonはアカウント管理が厳しく

健全なアカウントを築いて継続して運営しなければならないという特徴もあります。

 

アカウント停止というリスクもあるので、気を使う媒体ではあります。

 

 

ヤフオクはとにかくアカウント停止リスクが低いです。

 

法律違反をしたりクレームが多発したりしない限りは

アカウントを停止されることがほぼないと言っていいでしょう。

 

 

Amazonよりは厳しく見られないので運営が非常に簡単です。

 

 

しかし、商品説明がでたらめだったり、偽物を販売し続ければ

いかにヤフオクといえどもアカウントを停止します。

 

その前に、偽物の販売などは法律に触れてしまうので

自由度はありますがルールを守って健全に運営するように心がけましょう。

 

まとめると

Amazonは、

  • 在庫を持たなくて良い(大口の場合)
  • ユーザー数が多い
  • 信頼性が高い

 

という利点があるのに対し

 

 

ヤフオクは、

  • 料金が安い
  • 手軽に出品できる 
  • アカウント停止リスクが低い

 

とそれぞれの利点があるので一概に出品媒体として

どちらが優れているかは言い難いです。

 

しかし、輸入品を扱う以上はヤフオクのマーケットが大いに活躍しますので

ヤフオクの特徴をぜひ覚えていただきたいと思います。

 

 

以上で出品媒体としてのヤフオクの特徴の解説を終えたいと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です