なぜ輸入転売ビジネス(ebay輸入)を極めるのか?

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今回は輸入転売ビジネスの始めるにあたって、

なぜ輸入転売を国内転売の両方を身につけてもらうために必要な考え方、

そして何故両方をマスターする必要があるのかを説明させていただきたいと思います。

 

 

ここまで僕が提供するブログ記事をご覧になって頂いた方は、

国内の転売ビジネスに関しての知識は十二分に手に入っているはずです。

 

 

さて、僕がここで2種類の転売ビジネスをご紹介している理由は、主にたった一つです。

 

それは、その方がリスク分散ができるからということに他なりません。

 

 

収入源は二つ以上もつべき


 

なぜ転売ビジネスを2つやる必要があるのかというと、

単純に収入源が2つ以上ある方がリスクがないからです。

 

例えば、会社員の方は仮に会社が倒産したとしたらその時点で職を失ってしまいます。

 

その人が国内転売ビジネスもやっていたとしたら、もし会社が倒産しても何も困ることはありません。

 

確かに会社員として給料をもらっていた分はマイナスになりますが、

転売ビジネスをやっているのとやっていないのでは、負うマイナスにかなりの差がありますよね?

 

 

仮に一つの収入源がダメになったとしても、

もう一つがあることによって、あなたは生活に困ることはありません

 

そして収入源を2つ持つことによって、生まれる安心感があります。

 

借りに1つを失敗してもどちらかが自分を助けてくれるので、

より仕事に対して大胆に行動することができます。

 

ビジネスにおいて、攻めるという大切な姿勢ができるわけですね。

 

 

リスクに備えるだけではなく、ビジネスの質もお互い向上して行くという流れができます。

 

ビジネスマンにとってこんなにプラスなことはないでしょう。

 

自分の生活レベルの向上にもつながるので、収入源は2つ以上持つことをオススメいたします。

 

 

Amazonアカウント停止のリスクに備える


 

上記とはまた違う種類のリスクが転売ビジネスにはあります。

 

それはアカウント停止のリスクです。

 

特にAmazonで出品する国内ビジネスでは、そのリスクがあります。

 

Amazonはアカウント運営に関する規約が厳しく、

そのためアカウント停止を言い渡されてしまう人がチラホラいます。

 

もちろんAmazonも嫌がらせをしているわけではありません。

 

Amazonはその高い信頼性もあり、今の地位を得たと言ってもいいです。

 

そのため、その信頼性を傷つけてしまう可能性のあるセラーは、アカウント停止されてしまうわけです。

 

とはいえ、輸入転売ビジネスで出品するヤフオクに比べたらかなり厳しい方です。

 

 

Amazonにおいてアカウント停止は懸念事項の一つなので、健全な運営を心がけ欲しいです。

 

一方、ヤフオクに関していうとアカウント運営に関してはそんなに厳しくありません。

 

もちろん偽物などを扱えば、アカウント停止の可能性があります。

 

しかし、ちょっとした間違いであれば、購入者とのやりとりなどで済むケースが多く、

ヤフオクも普通に商品を扱うだけであれば細かく注意をすることはありません。

 

自由度も高いため、商品説明に関してもある程度

自分で商品を魅せることも可能で差別化もできます。

 

なので、Amazonとヤフオクの両方を極めて、そのようなリスクをなくして欲しいというのが、正直な感想です。

 

 

借りにどちらのアカウントは潰れたとしても、1つは生き残ります。

 

収入源が少なくともゼロになる可能性は低いです。

 

あくまで可能性の話なので、リスクを上げていけばいろいろありますが、

このようなリスクが転売ビジネスには存在するので覚えて頂きたいと思います。

 

 

特に収入源の考え方は重要なのでしっかり頭に入れていただきたいと思います。

 

 

以上が輸入転売ビジネスと国内転売ビジネスを身につける理由になります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です