日本人必見!ユダヤ人式経営術でビジネスを成功させよう

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今日は、ビジネスに必要なマインドセットを

ある優秀な人種の考え方から学んでいきたいと思います。

 

 

その優秀な人種とは、ズバリ「ユダヤ人」です!

 

 

意外だったでしょうか?笑

 

 

ただ、ユダヤ人は優秀であるという話は非常に有名だと思います。

 

 

彼らがナチスドイツに迫害されて虐げられた話は歴史の授業でも学ぶことですが

それ以外にも非常に優秀な人物を多く輩出した人種ということでも知られており

その活躍の場は幅広いです。

 

 

例えば、有名な映画監督スティーブン・スピルバーグもユダヤの血が流れています。

 

他にも「マネジメント」でお馴染みのドラッカー、

 

「資本論」を書いたカール・マルクス、天才科学者のアインシュタイン、

 

スターバックスのCEOであるハワード・シュルツ、

 

Googleの創設者ラリー・ペイジなどなど、ユダヤ人は世界的に大活躍しています。

 

 

ノーベル賞の獲得率は、なんとユダヤ人が全体の20%を占めるといわれています!

 

 

彼らの優秀さをわかってもらえたと思いますが

実はユダヤ人はビジネスにおいても効率的な考えを持っていて

ビジネスの世界でも活躍している人物は非常に多いです。

 

 

ユダヤ人式ビジネス論


 

ユダヤ人経営者からビジネスの正しい始め方を学びましょう。

 

ユダヤ人といってもいろいろな人がいるので

一概に決め付けることはありません。

 

 

しかし、ユダヤ人には商売に関する教えもあり、

それが現代も活かせるものであるということが伺えます。

 

まず、ビジネスを始めるときは「大金を使って投資を行い起業する」

というイメージがあるかと思いますが、ユダヤ人からしたらそうではありません。

 

 

ユダヤ人はまずは小さくビジネスを始めることを考えます。

 

ビジネスを小規模で始めることは次のようなメリットがあります。

 

・小資金で運営できる

 

・無駄なコストがかからない

 

・チャレンジができる

 

・スムーズな運営ができる

 

 

例えば、商品を扱うビジネスをするときも

まずお店を構えることを考えたら、設備投資や管理費がバカになりません。

 

 

このようなビジネスを始めるとしたら、

資金のかからないネットを使うなどをしたほうがはるかに効率よく始めることができます

 

 

さらに巨大な資金を投資することをしないので、

その分ほかの投資に資金を使うことができます。

 

 

規模が小さいことにより、失敗によるリスクも低いので

何度もチャレンジすることが可能になります。

 

 

それに個人規模で運営することは、

大多数の人間と意見をすり合わせることはないので決断も早く、

スピード感のある経営になり運営もスムーズに行えます。

 

 

前回の記事ではリスクを恐れないことの大切さを語っていました。

 

前回の記事はこちら↓

リスクを恐れないということ

 

ここで混同してしまう人がいますが

リスクを恐れないということとリスクに備えないということは

全くの別物であるということを知っておいていただきたいと思います。

 

背負うべきリスクは背負う、そうでないものは背負わない

 

というふうに考えていただければ、ビジネスに失敗したところでかすり傷程度ですみます。

 

 

ネットビジネスはユダヤ式経営術に通じる?

 

ネットビジネスは個人レベルの規模で、

資金がかからず店舗を持つという小規模の投資しかしません。

 

ゆえに、ユダヤのビジネス戦略に通じるものがあります。

 

僕からすれば、例えばラーメン屋を開くという行為でも、

会社員からいきなりビジネスの世界に足を踏み入れたとすると、

お店や維持費などの投資をすることを考えるとよっぽどリスクのある行動です。

 

 

その点、ネットビジネスは副業規模からでも運営が可能であり、

作業量や投資額の観点から見ても初心者でも始められる優良なビジネス形態になります。

 

ゆーすけ
あなたもユダヤ人に学び、無茶な投資を避けてビジネスを始めましょう。

 

以上でユダヤ人から学ぶビジネスマインドについての話を終えたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です