努力の天才「エジソン」の教え!ビジネスで失敗しない方法

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今回はビジネスで必要なマインドセットをある偉人の名言から

学んでいただきたいと思います。

 

 

ある偉人とは「トーマス・エジソン」です!

 

エジソンは世に様々な発明を残したと同時に

様々な名言も残しています。

 

 

中でも「失敗する」ことに関してはエジソンは彼ならではの捉え方をしていて

ビジネスマンでもこの考え方は非常に参考になります

 

 

努力の天才と呼ばれるエジソンですが

どのような名言を残しているのかを見ていきましょう。

 

 

失敗することとは何か?

 

エジソンは失敗することに関して、次のような名言を残しています。

 

 

 

エジソンの名言①


 

失敗したわけではない。それを誤りだと言ってはいけない。

 

勉強したのだと言いたまえ。

 

 

 

エジソンの名言②


 

私は失敗したことがない。

 

ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

 

 

 

エジソンの名言③


 

私たちの最大の弱点は諦めることにある。

 

成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。

 

 

 

上記の名言は実際にエジソンが言ったこととされています。

 

 

これをみると彼が決して才能や運に恵まれた人ではなかったことが伺えます。

 

特に失敗することに関しては日常茶飯事だったみたいですね 笑

 

 

そんなエジソンでも失敗を繰り返すことによって

成功を収めていたんですね。

 

エジソンは失敗をただの失敗とは言っていません。

 

これも非常に重要なポイントです。

 

 

失敗することで勉強になった」、「失敗することで成功しない方法がわかった」という

ポジティブな見解をしていますね。

 

 

ビジネスも全く一緒で、仮に一度失敗しただけでも挫けてしまわずに

再チャレンジをすることによってより大きな成功に至ることができます。

 

失敗することでしかわからないことがありますし

負けを知らない人ほど脆いものはありません。

 

 

失敗してもそれをマイナスに捉えてなにもしないより

プラスに捉えて将来に生かす方が自分のためにもなります。

 

 

むしろ失敗を悔いたところで状況は好転しないので

どちらに捉えたほうが自分にとってプラスになるのかを考えてみてください。

 

 

エジソンの最も有名な名言

 

 

エジソンは努力のみが大事であり

努力することだけが成功するために大事だと言っているようですが

実はそれだけでは不十分だとも言っています。

 

 

エジソンが努力の天才と言われるようになった背景には

彼の最も有名な名言にあります。

 

 

エジソンの名言④


 

天才とは1%のひらめきと99%の努力である。

 

 

これは言わずもがな彼の有名な名言ですが

実はこれは誤訳なんです。

 

 

かなり有名な名言ではありますが

誤訳が世に回っていたという衝撃の事実があります。

 

 

エジソンは「1%のひらめきがあれば、99%の努力をする必要がない」と

本当は言っていたそうです。

 

 

誤訳にもほどがありますよね 笑

 

 

 

さらにこんな名言があります。

 

 

エジソンの名言⑤


 

成功しない人がいたとしたら、

それは考えることと、努力すること、

この二つをやらないからではないだろうか。

 

 

つまり努力以前に「考える」ことの重要性を説いていたんですね。

 

 

ただ努力するだけなら誰にもできることですが

考えるということをする人間が成功することができると彼は言います。

 

 

エジソンが言った名言をこのように解釈する人もいます。

 

 

努力をするのであれば、方向性を間違えるな

 

 

いくら努力をしていてもそれが成功するのに何の関係もなければ

全く無意味ですよね。

 

 

その方向性を正しく定めるものが「考えること」、「ひらめき」であり

99%の努力よりも重要なことであると言っているんですね。

 

 

 

ゆーすけ
方向性をしっかり定めておかないとあなたの努力は無駄になってしまいます。努力の他にも是非「考える」ことを意識しておきましょう。

 

 

以上がエジソンの名言に学ぶビジネスマインドについて終えたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です