最速で転売ビジネスをマスターする効率の良い勉強方法

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今回はこのブログを有効利用していただくためのマインドと、

勉強法をお教えしたいと思います。

 

メルマガ登録者限定の「W転売ビジネスマスター講座」はもうお受け取りになりましたか?

 

せどりと輸入の2つの転売ビジネスをマスターできる教材をプレゼントしていますので

是非登録して受け取っていただきたいと思います。

 

プレゼントの受け取りはこちらです。

 

本ブログは無料のものなので自由に使っていただけますが、効率的に活用するためのポイントがあり

それに沿って記事を読んで頂ければ何倍もの速さで転売ビジネスが習得できると思います。

 

 

学習方法のコツ


 

まず僕があなたにやっていただきたいことは

 

線と線で捉える

 

ということです。

 

 

どういうことかというと、ブログは各テーマによって項目別に分かれており、

そのテーマに沿って記事が複数用意されています。

 

 

読む順番も考慮して、

最初から順番に見ていただくことが最もいい読み進め方です。

 

しかし、その際に各テーマごと全体の流れを

シミュレーションしてほしいのです。

 

例えば、仕入れなどについての記事が一つ一つ用意されていますが、

順番に読んでいただくことがまず必須です。

 

その後意識してほしいのが、

仕入れ全体はどんな流れでしていけば良いかを考えていただきたいです。

 

 

記事一つ一つの理解は大事です。

 

 

その後、自分なりに仕入れなどの項目ごとで知識をまとめていただくと

全体の流れを把握できるので、始める時にスムーズに進めることができます。

 

 

次のテーマである出品に関する記事も、

一つ一つ読み、個別に理解した後、自分なりに総括をして見てください

 

全てのテーマを読み進めた後は、レポート全体ではどの様な流れであるかを考えて見てください。

 

分量の関係上、記事一つにまとめるのはできませんが、順番に読み進めていけば理解できる様になっています。

 

仮に1つ記事単体で読んだとしても、あまり意味はありません。

 

テーマ全部で1つの記事、レポート全体で1つの記事と捉えられる様にできたらベストです。

 

 

流れを知るというのは非常に大事で、

テーマは数種類に分かれてますが全て含めたものが転売ビジネスになります。

 

 

故に記事単体でいくら知識を埋め込んでもあまり効果的とはいえます。

 

点と点で捉えるのではなく、線と線で捉える様にしてください。

 

 

わからなければ次に進んでしまう

 

順番に見ることが大事と説明致しました。

 

しかし、記事の中には一度見ただけでは覚えられなかったり、

理解ができないこともあると思いますが、その場合は次の記事に行ってしまいましょう。

 

そこで立ち止まらないで、読み進めて頂いた方がはるかに効率はよくなります。

わからないところは、後でまとめて抑えておけば大丈夫です。

 

 

読み進めてる中で止まってしまうと、モチベーションを保つのが難しくなり、

読み進めるのにネガティヴな気持ちを持ってしまうものです。

 

 

なので理解が難しければ先を読み進めて、後でもう一回理解できなかったところを復習する方がいいです。

 

 

反復して読んでいただくのもオススメの学習方法です。

 

むしろ一回目で覚えようという意識で読んで頂くよりもレポートの分量的には、

反復して読んでいただくことを推奨しています。

 

何分、記事数は多いですし内容も盛りだくさんにしてしまいました笑

 

繰り返し読んで行くことによって、昨日見た内容でもより理解が深まることもあります。

 

もう一つ意識して頂きたいのが、「習慣化」するということです。

 

レポートをこれくらいまで読むと1日の初めに決めることを習慣にしてしまうといいと思います。

 

 

人間は21日間継続して行うと、その行動が習慣になると言われています。

 

 

記事のここからここまでを読むと決めて、それを21日間継続できれば、確実に知識はつくはずです。

 

・線と線で捉える

 

・わからないところは後で復習

 

・ひたすら反復する

 

・21日間継続して行う

 

ゆーすけ
上記のポイントを意識してブログ記事や動画を活用しましょう。

 

 

 

以上でビジネスの効率的な学習方法についての解説を終えたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です