ビジネスの基本原理「価値の交換」

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

今回はビジネスというものの本質を知るための

マインドセットについてご紹介したいと思います。

 

そもそもビジネスではなにをするのが意味のある行いなのかを知らなければ

今後の方向性に迷ってしまうことになります。

 

 

そこで転売などのネットビジネスだけではなく、

ビジネスにおける重要な考え方を知っていただきたいと思います。

 

 

 

ビジネスとは何か


 

ビジネスとはそもそも「価値と価値の交換」です。

 

ビジネスをする側は人や物に対して価値を提供することによって

同等の価値を得ます。

 

 

例えば、あなたがコンビニに行っておにぎりを買うという行為でさえ

価値と価値の交換になるわけです。

 

 

コンビニはあなたにとっての価値であるおにぎりを提供することで

あなたはお金という同等の価値をコンビニに対して支払いますので

価値と価値の交換が成立していますよね。

 

 

これはビジネスでは非常に大事な考え方です。

 

 

あなたはビジネスを始めるにあたり、

 

その価値は何か、交換できる価値はどれくらいかを考えることができなければ

そもそもビジネスにはなりえません。

 

 

ビジネスとはその価値の希少性が高いほど多くの価値を手に入れることができます。

 

 

転売における価値とは


 

僕が得意としている転売ビジネスの価値について考えましょう。

 

転売ビジネスの価値といってもわかりにくいかもしれませんが

実はさまざまな価値が存在します。

 

 

出品者と購入者で考えた場合

出品者は商品という価値を提供します。

 

購入者が代金という同等の価値を提供します。

 

つまりはビジネスになるわけです。

 

ただそれは商品そのものの価値であり、転売ビジネスの価値ではありません。

 

 

 

転売ビジネスの価値は能力や作業量です。

 

 

商品をより安く手に入れられる能力や作業量があれば

商品の価値に上乗せして利益が得られます。

 

 

つまり、商品原価+転売スキル=商品代金

 

という式が成立します。

 

そう考えると転売ビジネスで利益を出すということは

かなり自然な流れになると思えますよね?

 

転売ビジネスは誰しもがやっている行為ではありません。

 

あなたの周りでも転売どころかビジネスをしている人も多くないかもしれません。

 

そんな中でもあなたは行動に移し能力を身につけているわけです。

 

この能力と作業という価値で手に入れられるのが転売による利益です。

 

 

このように考えるとビジネスはあらゆる場面で

 

「価値と価値の交換」がされていますよね。

 

 

ビジネスをする時に失敗しない方法は

どんな価値がこのビジネスにはあって

どのような価値に換算できるかを考えることです。

 

 

なぜならこの2つがわかっていれば

自然に収益を生み出す方法がわかってくるからです。

 

等価交換の原則

 

今回のお話は非常に抽象的な話になるので

理解は難しいかもしれませんが

 

簡単に一言で表すことができます。

 

ビジネスは等価交換の原理で成り立っているということです。

 

例えば、人より多く稼ぎたければ人より何かを提供しなければなりません。

 

ビジネス以外でも、今よりも時間がほしいとすると、それに変わる何かを自身が提供しなければなりません。

 

何かが欲しいなら自分も何かを提供する必要があるということです。

 

 

これはビジネスというよりも資本主義社会の基本的な考え方でもあります。

 

日本という資本主義国家で暮らす以上は逃れられない考え方だと思ってください。

 

 

自分は何もしてないのにお金がほしい、時間がほしいというのは

あまりにわがままなことです。

 

本当に欲しいならば、手に入れるための行動をするしかありません。

 

 

この考え方ができない人は、ビジネスをする上で絶対に苦労をしたり

失敗すると思っていただいてもいいです。

 

この等価交換という考え方はぜひ身につけておいて欲しいと思います。

 

以上でビジネスにおける価値と等価交換の原則についてのお話を終えたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です