自己責任マインドとは?

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

今回は僕が紹介するビジネスマインドの中でも

最も大事だと思うことをご紹介したいと思います。

 

 

僕もこのことを常日頃から心がけていて

そのおかげでビジネスマンとしての自分があるのだと思うくらいです。

 

自己責任マインドとは


 

ビジネスマン必須の自己責任マインドというのがあります。

 

人は失敗に直面した時に他人のせいにしがちです。

 

経営者をするような方たちは全くそれとは逆で

すべてを自分のせいにしています。

 

それはなぜかというと

自分を成長させてくれるマインドだからです。

 

 

例えば、ビジネスで失敗した時もノウハウが悪い、ツールが悪いという人は

原因は自分にあるとは考えていないので反省をしません。

 

 

そこで人の成長は止まっています。

 

全ては自分のせいだと思うことによって

自分になにか落ち度があったのではないかと反省し

そして検証をします。

 

 

そこで初めて自分が何故失敗したのかという答えに行き着き

 

次からの糧にすることができます。

 

 

これが自己責任マインドです。

 

 

すべてをほかのものに責任転嫁をしてしまうことは

自らの失敗に気づかず放置し、また同じ過ちを繰り返してしまうということになります。

 

 

この同じ過ちを繰り返すということがビジネスにとって大きな損害を与えるでしょう。

 

 

同じ過ちというのは、本来はしなくてもいい失敗です。

 

一回目で反省したことで気が付けば、回避できるはずの失敗だからです。

 

 

ゆえに自己責任マインドをもたない人は、

 

何をやっても泥沼にはまってしまうことがあります。

 

 

人に責任転嫁しても状況は一向に良くなることはありません。

 

たとえあなたになんの落ち度がない場合でも

自分にベクトルを向ければ成長することができます。

 

 

自分の会社の悪口を言っている人はよくいますが

ネットビジネスをする人は今日からそれをやめましょう。

 

お酒の席で悪口を言っていてもその会社が変わるわけではないですし、

なによりもその会社を選んだのは自分自身です。

 

自己責任マインドの人であれば、その会社で働いてても

スキルを磨いて独立を目指すという意識や

成果を上げて会社を変えるような人間になろうという答えに行き着くはずです。

 

 

どうせ今の状況は変わらないのであれば

自分にとってプラスになる考え方をしたほうがお得ですよね。

 

 

これが自己責任マインドの全貌です。

 

言うは易し、行うは難しかもしれませんが、

成功するためには必要なマインドセットです。

 

 

今からこのマインドを身につけるべく

普段から意識して生活をしてもらいたいです。

 

 

コミュニケーションも円滑にできる

 

厳しい意見と思うかもしれませんが、

なんでも自己責任と思ったほうが僕は気持ちが楽です。

 

 

人のせいにしたり、悪口を言ったりすることは

その場は良くても後々自分も嫌な思いをしますし

聞いている周りも実に不快な気分になってしまいます。

 

悪口を言っている対象と周りが親しい間柄であれば尚更です。

 

逆に人の悪口を言わない人は、反省があり成長をしますし

何より人を不快な気分にさせません。

 

 

人を悪く言わない人はそれだけでも好印象ですし

人はその人のことを立派な人だと認めてしまうものです。

 

 

なんでも悪く言う人は多いですが

そんな人はまわりもいざという時に助けてはくれません。

 

 

自己責任マインドはコミュニケーションも円滑にできます。

これはビジネス以外の場面でも非常にプラスに働くことが多いです。

 

 

相手に対して不信感や不満を持っていることは

相手にも伝わってしまいます。

 

不信感を感じ取った相手は、あなたに対して不快感を持ってしまいます。

 

その時にお互いが憎しみあってしまう関係性になってしまいます。

 

 

逆に現状の気持ち悪さを自分のせいにすることで

自分を見つめ直しそれを改善したいと思うはずです。

 

 

自己責任マインドを持つことで、

日々の不平不満を解消することができ心にゆとりが生まれます

 

そのゆとりがコミュニケーションを円滑に進めることにつながります。

 

ゆーすけ

いい事づくしのマインドであるということは間違いありません!

 

 

 

以上で自己責任マインドについての話を終えたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です