あなたは既に事業主です

 

 

 

こんにちは、ゆーすけです!

 

 

マインドの重要性を理解していただいたところで

まずはじめに身につけていただきたいマインドがあります。

 

 

このマインドについてはその人の心持ち次第で

すぐに身につけることができます。

 

それは事業主意識を持つということです。

 

今日、この日を持ってあなたは「事業主」になりました。

 


この記事を見ている時点であなたは事業主です。

 

 

なぜなら自分でスキルを求めたり、ビジネスを起こそうとしない限り

たどり着けないページにたどり着いたからです。

 

 

その事実だけで、あなたはもう事業主になったと言ってよいでしょう。

 

事実としてはあるのですが、

大事なことはそれを自覚することです。

 

 

学生は親に守られている立場が当たり前なので

守られることが当然のように感じてしまいますが、

社会人では全く違います。

 

 

自分で仕事を選び、自分で何をやるべきかを考えなければならない場面に

日常的に直面すると思います。

 

 

ですが、事業主は社会人とも異なります。

 

それは自分で責任を持ってビジネス全てをハンドリングしなければならない

というのが事業主です。

 

 

会社員であれば確かに自分を出すという場面がありますが

やることの責任は多かれ少なかれ会社にあるのは間違いないです。

 

 

その会社の名前を背負ってやるとはよく言ったもので

その会社の社員である限りは、失敗は会社の責任になりますし

(やるやらないは別として)会社全体で挽回しなければいけなくなります。

 

 

よく言えばある程度会社から守られているわけです。

 

 

あなたがミスをしても上司の責任は少なからずありますし

同じ部署の人間もフォローや埋め合わせをするために

動かなくてはいけなくなります。

 

 

ましてや新人や若手のうちは

上司や先輩が責任を持ってフォローするというのは

当たり前のように起こりますので

守られているという意識が自然と生まれてしまいます。

 

 

 

個人の事業主の場合は、自分の名前で事業をするわけですから

やることなすことの責任は当然、自分にあります。

 

 

自覚を持たないのは別にして、事業主はこのような立場にあるという意識があります。

 

誰かに責任転嫁はできません。

 

 

既にこういった事実がある以上は

ビジネスをする上で、「事業主」としての自覚は持たなければありません。

 

 

誰かに守られている意識を持ってることは明らかに間違いです。

 

 

会社員をしながら副業でやるような人は

是非会社員としての考え方を捨てて頂いて

ビジネスに取り組んでいただきたいと思います。

 

 

この事業主としての自覚を持つということは

今後お伝えする全てのビジネスマインドを身に付けるための

核になってきます。

 

 

総じていえば、事業主としての自覚をすることによって

ビジネスにおいて必要な他のマインドが生まれるわけです。

 

 

だからこそはっきりと言っておきたいのが

今日を持ってあなたは事業主になりましたということです。

 

 

自分に責任を負うという意識をして欲しいですし、

これは悪いことでは全くありません。

 

 

自覚を持つことで自分のスキルを磨くことに真剣になれますし

成長しようとする欲求が生まれます。

 

自分を成長させるという上でも必要な考え方です。

 

 

自覚ができないままビジネスを始める人は

なんとなく始めてしまい、なんとなくビジネスを運営してしまいます。

 

 

そんな人はうまくいくほうが不自然です。

 

 

ネットビジネスは本当に手軽で

リスクもかなり少ないものばかりです。

 

 

それゆえに、事業主の自覚がないまま始めてしまう人も多いです。

 

事業主の自覚を持っていなくてもお金に貪欲であれば、

それなりの結果は出せるかもしれませんが

所詮はそれなりの結果しか出ません。

 

 

目に見える成果を出すためひいては自分のためにも

事業主の意識を持っていただきたいと思います。

 

 

この意識1つであなたの成果は変わります。

 

以上で事業主として自覚を持つことの大切さについての話を終えたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です